平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS おらのなまりは自己流だげどな!

<<   作成日時 : 2013/07/04 11:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 いよいよ折り返し地点を迎えた『あまちゃん』!!!東京編、つらそ〜見だぐね〜!だった気持ちを早速ひるがえしナンですが、おもしれーじゃねーかア!!!さすがクドカン!
 というわけで〜。週末土曜日はいてもたってもいられず、実家で「追いあま」に励んだ私でした。
 午前中、夏さん春さんが光る「大漁旗はためく一週間」を見て涙涙…!!!
 母親だって人間だから機嫌もあるし多忙なら荒むし、言葉や態度のチョイスをちょっと間違えるなんてよくあること…。でもでも!子育てを放棄するとか体罰が日常などでなくても、娘からすると「お母さんだけはわかってくれると思ったのに!」とか「あの一言が忘れられない!」とか…そーいうの、多かれ少なかれ誰にも覚えがあるでしょう。(くわえて、春夏母娘のように和解できるチャンスなどないままがほとんどだろう、とも)
 私は「お母さん」をすごーく好きで、とくに新しい家族もいないし〜お母さんがいなくなったら死んでもいいかも〜とかヘーキで思ってて(すげえこと書くなアー日記とはいえ)割とずーっと「うちのお母さんがお母さんでラッキー☆」って感じで生きてきたつもりなんですが、
 (自分が20代前半で生まれた子のため「母とは若くてきれいでおおらかなもの」だったのも大きい気がする。国会の秘書室勤務の秘書だったくらいだから→本当は記者になりたかったってスピリッツがまたアレだがよ… 普通に見てもきれいな人だったんだろうし、私の大学の卒業式で!クラスメイトに「アイドルみたい!」「まきちゃんのお母さん美人!」「あんまり似てないね〜(悪かったね!)」とさんざん言われるなど実証もあり…とにかくかなり「誇れる母」だったのよ〜)
 実は!ていうか、ある意味「逆に」??? 母親側にしてみたら「育てるのが難しく悩みが尽きない娘だった」らしくってえ〜(今に至ってもな!) 言われてびっくりしたんだけども!
 弟が絵に描いたよーなわがままでアスファルトに大の字になって眠いとか買ってとかやだとかギャーギャー騒ぐタイプだったから…アタイは常に一歩引く「よくできた長女」だったはずなのにィー!!!(記憶の改ざんではなく、弟のアレが始まっちゃった以上私は我慢しなきゃ…って黙って去るとか数多かったの!ホントホント!)
 まあねえ〜。とかなんとかいいながら!冷静に「ここで感情をあらわにするのは得策じゃねえな〜」とか「赤の他人に期待してないし。相談とかするかバーカ」などと考える子ども心が親にバレないはずもなく、
 母親がのち「どうしたらいいのかしら…」と悩んだ私のセリフに(なんか20個とかあるみたいなんだけど〜てへ!)「何もしないで80点なら私は80点でいい。がんばって100点とらなくていい」てのがあるらしいんですけど、
 それ聞いて遠くに捨てて帰ってこなかっただけでも親ってのはすばらしいと思うからサア〜!!!なんだそのムカつくガキ!
 で。今となっては「60点でもがんばって95点にするタイプ」の弟がちゃーんと妻をめとり子を育て犬飼って家を買い…比べて私はこのザマ!!!
 「努力は必ず報われる!」と総監督よろしく断言する気は毛頭ありませんが(願いがすべて実現なんてとんだ無法地帯だべ…)やる気のない子にふってくる幸運なんてありゃしないのよねえ〜。
 なので!夏さんも若春子もアキちゃんも「しゃにむになにかする!」部分があるだけで美しく、よかったネ〜と思うんです。なんちゅうても、お互いの胸のつかえがおりて!アキちゃんまでわだかまりの連鎖が及ばなくて!そりゃ若春子に旗を見せてやりたかったけどさア…(誰)
 て。そこから〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜午後は東京パートに集中!!!
 ちょうハードな現実にもまれるアキちゃんを見たくないし、北三陸の人たちが最高!だったから「も〜出てかなくてもいいじゃんよ〜!」つって当方じたばたしとったわけですが(両親が東京出身の私は田舎がなく、きれいな海とか鬱蒼とした緑を見られるのもありがたかったしさあ)(いきなり「アイドルさなりでえ!」に変わる説得力もいまひとつだったしさあ)、
 「一年半前のアキ」を知る人の前ではアレだったけども、海女やって〜ユイちゃんと出会って〜よがったなア〜同世代と明るく話ができるでねえがアギ!!!(もう親目線だがらこっちは…てか実際能年ママ38歳だっつーし!どひー)ってあたり相当うれしかったり!
 北三陸忘れてないゼ!のサインとしてあんべちゃんまで再登場だアー!ぐっときたわ!!!そばですかうどんですか、まめぶですか???
 そしてそして。自身の楽しみといえば、とりわけこの日記にも再三登場してる松岡さんね!!!「桐島、」複数回観て…みんなうまいしばっちりなのだけども、この子…とくに、ややッ!と誰より持っていかれた沙奈!!
 いやな女を演じるのは(かすみみたいな)内面が揺れるだけの女より簡単〜てないわれ方もしますが、彼女は抜群だったから!ものすげえ逸材!…と反応したのもこれまた何度も書いてるので割愛しますけどォ〜、
 その後(ウィキなどで)「おはガールに憧れ、なりたくてなった」とか「沙奈の評判を知るため2ちゃんを読み、嫌われてるほどヤッター!と思った」なんつーのを知ってその根性にしびれるばかり〜!(→一視聴者ですが)
 女優でもアイドルでも、自分の好みは基本「しゅっとしてる。細い。白い。かしこそうな人」なのだけれども、「(かわいい顔に隠れがちだが)技術に異様に長けてる人枠」てのも昔から歴然とあって、そう!そこなのヨ〜!松岡さんは!(過去には酒井若菜さんや和久井映見さんや永作さんなどが…あと「ド根性見て好きになる」例としては大島優子さんも!)(オメーが誰のファンとか知るか!て感じでしょうけど〜いいの〜日記なんだから〜!)
 その!しおりとアキちゃんの今後は当然ちょう楽しみだし!ユイちゃんどうなるん? とか、80年代アイドル登用の天才クドカンが創るキョンキョンとピーちゃん(玉置が薬師丸さんをこう呼んでたのを知る人は現人口の何パーだろう…)の因縁も気になる!いちいち凝ってる美術周りや小ネタも目が離せない!アメ女センターとは??
 (劇場および奈落に関しては、えーけーびー映画を観た私は証言できるけども「マジあのまんま!!!」だからネー。阿鼻叫喚!精神も体力も戦場のそれが必要!ひでーんだか神々しいんだかわかんなくなってくんだよな〜めんこい若い子がそろって命すり減らして励ましあってよ〜)
 などと考えだすと再び2週間ほど追えなくなるのがとてもつらいんですが、テレビを持たないおかげで楽しいこともいっぱいあるので仕方ない!光あるところに影は必ずできるのだー!!!(完全に間違ってる)
 (今一度書いておきますが↑これは約3週間前の放送の感想です。そこをなにとぞご容赦いただきたく…!)

 そんなこんなで感情大忙し〜!な土曜日を終え、翌日曜日は。
 午前中に掃除洗濯もろもろをしたあと、午後一番に横浜の古着屋へと〜セールチェックしに!!!
 現役女子大生の店員ちゃんに会えてよかったわん☆(まずそれか) いまどき(高円寺っぽくない方向の)ヴィンテージが好きな若者なんて貴重だもの〜!
 想像通りのかわいこちゃんでしたが、やっぱり店長さんの接客がすばらしい!ので、以後は店長の日に行くかもなー。んでも、20歳の子と話すのなんて日常まずないし、ましてやその子に「こっちが絶対いいです!」「街で見かけたらふり返ります私!」とかいってもらえてキャー!(若いせいか、えらいはっきり合う合わないを言う子で好感持てた)だったしー!
 いろいろおしゃべりできて(サボ買えるサイト教えてあげるなど)楽しかった!!! 挙句、ワンピース2着買っちゃったわ〜 →お前は結局そういうやつだよ…
 それから。夕方には東横分全線特急に乗り渋谷へと一気に移動してえ〜アップリンクで「モーリス・エンゲル=ルース・オーキン特集『恋人たちとキャンディ』」を鑑賞〜!!!
 意識の高い人が集まる場所(完全に私見ですけど、ユーロスペース<イメージフォーラム<アップリンク やねん…)のためじゃっかん緊張しつつも、映画自体はso cute!!! よかった!!!チラシって重要なア〜。チラシの画像一枚で行きたい行きたいって思っちゃったんだもん。それで当たり!だもーん。
 平たくいうと「ママと新しい彼の恋の行方&7歳の娘とその恋人との距離が伸びたり〜縮んだり〜」て話なんですが、
 昔のNYの街並みがモノクロ画像に映え、最高〜に!!!いかしてました。セントラルパークや自由の女神やエンパイアステートビルをママと恋人がどんどん観光(デート)してく部分とかちょうモダンで絵になってて!(内見しにいく郊外のおうちも素敵だった)
 幼女のオールインワン姿とかボーダーにフレアスカート姿とかベレー帽にコットンのTシャツとレースのスカート姿などロッタちゃんやザジ並みの目を引くかわいさだったけれど、ママの日常着がとにかく素敵で!!!
 同じワンピースを…ある日はカーディガンを羽織り、ベルトしたりスカーフ頭にしたりしてアレンジするのよー!もっとゆっくりじっくり見たかったワア。ああいうのがほんとの「着まわし」っしょ!映画ってマジおしゃれの勉強になるう〜(海水浴に出かける車も小物も水着も全部かわいかった)
 ママの新しい彼はかっこいいしいい人ですが、いきなり再婚するとかいわれて幼児がご機嫌でいられるわけなく!そ、れ、ゆ、え、の〜??? NYのあちこちでの珍場面!!!(詳しくは観てのお楽しみ!)
 て。それはそれとしても!5歳くらいにしか見えない幼女の名演技には驚かされるばかりで〜どうやって演出つけたんだろう??? けっこうテキトーに動かせたのかな〜おもちゃやさんとか〜。でも、かくれんぼするシーンなんて監督の指示としか…アメリカのあしだまなちゃんだな…ありゃ →あっちがはるかに先だっての!)
 などなどなど。見所いっぱいであっという間でした!!!時間があれば3作品全部観たかったナアー。

 以上、そんな週末でした☆ 長文失礼いたしました〜!(いつもか)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おらのなまりは自己流だげどな! 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる