平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 水漏れ物語。

<<   作成日時 : 2013/09/05 12:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 あら秋の気配…なーんつってたら!また35度以上の日が戻ってきやがった!!!空は完全オータムなんだけど〜暑かったなア〜週末は〜。
 土曜日はMさんとお茶&トーク!でした。以前私が行ったコーヒー屋に(見た目はカフェだけど、実質はガチなので「コーヒー屋」)彼女が興味を示してくれたため、です。
 旦那さんを本当に好きなんだな〜この人は〜と毎度ながら感心。自分にはもったいない…みたいなことを毎回どころか一度に数回言うんですから〜。
 それってある程度大人になると、のろけってより思いやりとか家族への尊敬やいたわりじゃん??? もちろんお相手がそれに足る人物ゆえなんだろうけど、なににしろ気分イイ!!聞くほうも。(配偶者disは続くと本人が卑しく見えるからいわないに越したことないと思うんだけど、後を絶たないつうなー)
 あと。江戸(東)っ子だからか、はたまた資質か(マあれは後者でしょうが)彼女は歯に衣着せない度がシジョーに高くって!
 東京って基本は田舎者の場所で(目立つ人のなかに田舎者率が…つーかー。私は本籍地も現住所も23区内ですが思春期ずっぽり神奈川県で、かの地大好き〜!ゆえ言っちゃいますけど、越してきて確信したもんね!田舎者占有度は神奈川が全国一低いって! →京都は文化遺産的アレで「ナマ」っぽくないため別枠です)、
 世界各地で日本人が活躍してるよーに東京の隅々に田舎者がいて、もとから東京の人とか〜敏感な人のいう〜「精神面での田舎者への強烈な嫌悪」もはっきりすごーくわかる!!!
 だがしかし!その思いの扱いや表明は難しく、機微のわかる人相手でないとちょう危険なんですよねえー。区どころか、道一本、小学校の向こうとこっちで雰囲気が変わったりするのとかかなり興味深い部分なんだけど、まじ気を遣うから人を選ばないと会話に持ち込めない!
 それとか〜地震大国かつ史上最悪の深い傷を負ったばかりの現在も異様に「高いところに住みたがる人」とか〜逆に(古来の使いかたで)「すっごい遠くに越してプリミティブな生活を始め…ちゃうのはいいとしてそれをメガホンしちゃう人」に対しても〜なにかと思うところはアリアリなんだけども、
 そういうのも実際口にするのは!危険!危険です!(そんなだから嫁にいけないとか思わぬ方向から攻撃されそうだし〜恐ろしい〜ようせんわア!)
 といったあたりの按配もわかちあえる(つーか彼女のほうが完全に厳しい!!!)人なのでー。気楽に話せてよかったわ〜ん!みたいな時間でした。
 Mさんはそのあと真夜中から(ギロッポンで待ち合わせて)「申し訳フェス」!!!翌日は「山中湖のアレ」!!!つー「かっけー!」「イケてるー!」予定びっしりのご様子でしたが、
 私は〜夜に〜地味〜な所用がありまして〜。ぶわーっと横浜まで移動し…暑い!!!&大変!!!を乗り越えた自分に、エライ!よくやった!!!てんで件の古着屋で秋の香りのするワンピースと「10着くらい持ってそうな」スカートを購入して〜大荷物ながら充実感に満たされ、帰宅したしだいです。

 翌日曜は。午前中すンばらしい出来!!!だった「にち10」を聴きまして(いつもツイッターでオシャレでかっこいいことばかりいってる人も大絶賛してたで〜。副部長の力量とAMラジオの責めの姿勢万歳!!!)ほくほくしたのもつかの間!狙ってたレストランにたどりついたら「ばっちり臨時休業日」!の憂き目にあってしまいましたが、
 心を整え!!!(にしても。あの人くらい「どこに出しても恥ずかしくない好青年」いないよねえ〜。向こうから願い下げだろうけど、できすぎて一緒にいたくないタイプ!自分がつらくなるばかりだし〜話おもしろくなさそうだし〜そんなこといおうもんなら国民を敵に回すし〜)、
 今日は1日!映画の日!とばかりにヒューマントラストシネマへ『黒いスーツを着た男』を観にでかけたのです。
 『タイピスト!』と悩んだんですけど、最近暗いの観てないな〜と考え、ええ、こちらを…(血とかゾンビはダメだが、どんよりするやつは好きなのヨー。映画に限らず芸術全般において)
 で〜その感想なんですけど〜。煽りの「アラン・ドロンの再来と本国で話題沸騰!の美形俳優」てえのは…ん〜確かにキレイな顔してるしヘタじゃないんだけど(東のイエローモンキーがいえた義理じゃないが…『太陽がいっぱい』のきらめきと絶望は映画史に残る「奇跡」だったとしてえ〜その後のアラン・ドロンのアレコレと比べてもお〜)彼と比べちゃうとはるかに小粒感はイナメナイネー!(今頃使うのどうかしら…)な印象で。
 お話のほうもさアー。いいんだけど〜いいんだけど〜もう一工夫二工夫できるところはあったような…!!! 
 (そもそも「移民モノ」てのが!描く難しさとかこっちの受け止め力のなさとか…もろもろ日本でヒットするには難関が待ちかまえてちゃってるっつ〜)
 断じてクソ映画ではないのですが、このくらいの微妙〜なモヤモヤが残るやつを観ちゃうと…いまさらながら「桐島、」の完成度の高さが際立つわア〜!なーんて思いながら帰宅しー。
 本読んで夕飯作って洗濯し〜残りのサンデーをささやかながら楽しみ…お風呂入ってのんびりしてましたら!
 なにやら不穏な音がするんですよ!!! 雨??? NO!!! 降ってない!!!
 バスルームの天井から時折ぽったんぽったんつって、雫…。蒸気が溜まって落ちてくるのかな??? 昨日まではなかったのに??? て、違うわいッ!!!
 嫌な予感が走り、すばやく出て、くまなくタオルで床部分をふき取り、じっと様子を見つめていますと、ぽたん…!浴室乾燥機のフタみたいなところからまた、ぽたん…!
 こ、れ、は…。めんどくせー!!!とまず思いましたが、非常事態へのプレリュードだと嫌なので管理会社の24時間サービス応対に電話しましたところ、「3〜40分で水道系の修理会社を向かわせます」とのこと。
 「え〜これから〜??? いいよも〜明日でえ〜」と当然なるも、「なにがあるかわからないし、一晩放って階下の人まで水が回ると厄介ですよ」なーんていわれ…こちとら厄介が一番苦手な人間ですからア〜しぶしぶ「お願いします」て流れに!
 幸い、修理業者は20分後にきてくれまして「上のバスルームがあふれてる感じですねー。ちょっと上階の方にお声がけしてきます」とおっしゃり、「水道管が壊れてるとかじゃなくてよかったよ…」と胸をなでおろしましたが、
 上階の人は不在!!!不動産屋に連絡を取ってもらうと事務所契約で(なんか知らないけど)ほとんどいない人のようなのです。
 だから、中に入れない。入れないということは原因もつきとめられない!!!対処もかなわない!!!
 なんでもいいから早く水漏れを止めてけろー!!!と内心叫びながら、ぼんやり「大人同士のやりとり」を見ているしかない私…
 そのうち、修理業者の方が「誰もいないのにメーター回ってるのがヘンなんで、ひとまず外から元栓締めますわー。明日の午前には今の水はおさまるでしょう。それでもダメだったら今度は本格的に上の中へ入ってみないとなんとも」と言ってくださり(なんか水漏れってさまざまな要因があるみたい)、
 「嗚呼それでどうにか止まってくれますよーに!」とお祈りしつつお礼をいい、見送ったのが午前1時…!!!
 なにも日曜の夜中に…つってぐったりしつつ、「<今日は完全に「上の人のせい」で「なんとかなった」>からいいよーなものの…<これから先「自分の責任」で「マネーや痛みを伴わないとどうにもならない」>ことはいくらでも確実に起こるわけで…それは身体だけでなく住居もなんだなアー!!!やるせねえ!!!」とさらに気分がふさいだのは言うまでもありません。
 あ〜大人ってしんどい!!!そして女が一人で生きていくのは(大金持ちでもない限り)ヘビィすぎるー!!!
 (ちなみに。風呂場の雨漏りはその後再開せず…胸をなでおろしておりますです!
 上の人があんぽんたんだったのかどこかがどうかしてたのかしらんけど、もーそーゆーのすぐ気づいてくれる人がいいよ!!!今まで上階静かでラッキー!とか思ってたけど、ほかでもない「住んでなかった」からなのね〜。んでもって「いない」のが短所なときもあるのね〜!!!がっくし!!!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水漏れ物語。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる