平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS クールでシックでエレガント、になったひと。

<<   作成日時 : 2013/12/13 11:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 先週土曜日は「**会」でした〜。
 (「会」はまりさんの旦那様が名づけ親で、**には私の姓が入るのだ!たった2人のメンバーですが、そのおもしろさに、以来ふざけてずっと使ってるのである…アタイだって世界のほんの片隅ではサワジリ並に!コイズミ並に!なんちて〜 →完全に無理)
 当日は午前中通院(いつもの)、かつ夕方寄らねばならないところがあったため、こちら側での会合に。
 パン好きのまりさんにゼヒ!てんでお昼はメゾンイチ代官山〜。喜んでもらえてよかった!明朝のパンまで買ってたから気に入ってくれたのでしょう!連れてったお店が当たりっぽい手ごたえだとうれしいよねー。
 おしゃべりするための会合ですから当然おしゃべりに次ぐおしゃべりだったわけですけども、今回はまりさんがすんごい仕事ラブラブモードで楽しそうだったのが印象的!でした。
 詳しく聞く前から「最近お仕事順調そうー」と思ってたけれども、ほんとだったんだなアー(結果もメンタルも) ひとつでかいのを逃したらしいが、それだっててんでダメ!!!じゃなかったようだし、なににしろ日々「えーまじかよー」つーテンションの私にしてみればまぶしいわ!
 仕事を、職種を、愛してるっていいわよね〜。自分だって嫌いじゃないんだけどさ〜邪魔な輩がいるからさ〜敵を倒す能力に決定的にかけてるからさ〜!俺のそこが悪いのか?? て近頃真剣に悩んでるんですけども!
 戦いを回避し続けて生きてはいけんのじゃ!!つー天啓なのかしら、と。そー思わざるをえないほど代わる代わる…じゃなく「追加されて」くるんだもんよ〜ッ!!!
 てな愚痴はさておき。さる大物アイドルや来る大型新人の話などなど聞けておもしろかった!が!!!最高にアガったのは「周囲のことをなーんも考えてないミュージシャンの件」!!!
 アーティスティックだから〜とかじゃなく、ただ「今思いついて!やっちゃう!」系。ゆとり世代のせいか本人の特質なのか、お金や契約がまったく視界に入ってない若者の存在!!!スタッフはさぞ苦労してるでしょうなアー。
 しかし、私(たち)は外側の人間、横からちょうゲラゲラ〜!でした。めちゃくちゃウケた!(その人のツイートとかもう絶品なのよー。あゆひとって凹むときあるのかな??? どんなに怒られても平気そう…)
 んで、中目黒に移動して〜お茶。てかコーヒー!!!(ふたりとも珈琲党なのです)ここでものびのびトークしあい、どこを切り取っても自由で楽しい時間でした!
 ありがとうまりさん!!!来年も思いついたタイミングでおしゃべりしようしよう!このメンツ〜このやりかた〜で〜(ふ・る・い!けど大事!)

 そしてそして。
 翌日曜日は。もろもろの雑用(掃除など。師走だからカーテンも洗わなきゃ〜と考えつつ真冬の布団の用意で力尽きた)を済ませ原宿へ!
 まず、渋谷直角氏の伝説まんが『RELAX BOY』復活発刊記念フラゲイベント(日本語合ってる?)に〜。
 トークショーのゲストがなんと小西康陽氏!!!と知り地団太踏む思いでしたが、先約のため本だけ購入して(ZINEやら特別カバー→『君になりたい』の若春子バージョンやで!スタイリストもカメラマンもデザインもあのころのまま! などなど毎回おまけが豪華すぎる)サイン&握手をしてもらいました!
 渋谷さんはとーってもいい人なので(ご存知文章もまんがもすごいが話もちょうおもしろい!)私の職場とその後を心配してくれたり(えらい愚痴ったことがあるんで!)共通の知人や住居の話などをざっくばらんにして〜。
 トークショーは? とも聞かれましたが、そりゃー参加したいけどさ!こちとらガーリーでミーハーだから!
 で、も!!!ガーリーでミーハーな人間にはたまらんほかのイベントがすぐ近くであったもんですから、泣く泣く!!!(告知もそっちのほーがずっと前にされてたし!)移動〜。
 『THE BLING RING』公開イベントいまさら聞けない! ソフィア・コッポラってどんな人?」』に参加するためVACANTに〜であります。(BEAMSと近くて助かった)
 たどりつくと…そこはまばゆいばかりにガーリー&おしゃれな人の巣窟でした。そりゃfataleのイベントだしね〜登壇するの鈴木親さんと清水奈緒美さんと山崎まどかさんだしね〜。
 つーか!ソフィア・コッポラの新作にからめたイベントだからね!!!!ダセエやつが来るはずない!
 あらためていうまでもなく、ソフィアは出自も含め、おしゃれもおしゃれ、生粋のおしゃれさんです!東洋の無名女にだってわかる「本物の輝き」が備わっている。
 クルーネックセーターにウールのパンツとか、頭もセンスも悪い異性には「ぱっとしねーなー」と思われかねない組み合わせでも、それがセリーヌだったりヘルムートラングだったりバッグはバーキンだったりするあの感じ!
 清水さんをして「一種イヤミな方向に地味なおしゃれ」」といわしめる「見る目ある人のみ伝わるハイセンスさ」よ!とっぴな行動も衣服の主張も一切ナシ!でも、たまらないひとにはたまらない〜。
 昔から親交の深い鈴木さんも(さすがPurpleやIDで撮ってた人は違う!きれいな薄い水色のセーター着用の男性って…ヨーロッパの洗礼!!!清水さんに「パンツの幅が太い」とかダメ出し…天上界の会話!)、
 「俺は最初彼女にそんな興味なくて。地味だな〜って印象で(ハーモニー&クロエカップルのほうが好きだったそう)割とずっとそのままなんだけど、結局残ったりするからすごい。ブレないのは強い」とおっしゃってて、
 なかでも私が勝手に感動したのは「とにかくプリントがうまいよね。彼女にしか撮れない写真だし」という箇所!
 ソフィアの写真って誰でも撮れてどこにもありそうなんだけど、絶対!絶対!ない!!!そこが90年代後半から私は好きなんですが、プロから見てもって…ヒュー!!!(しかも技術面を認められるとか!)
 それをいえば映画はもっと!!!ですよねー。ソフィア・コッポラだ!と強烈にわかる。今までの作品に共通する「一見恵まれた立場の少女や女性の孤独感、不安…」てあたりはもちろんとして、
 1シーン1シーンの「画」がいちいち!あと、かかる音楽のかっこよさがいちいち!(→ここもまたイヤミなほどセンスいい部分)
 「選ばれし者の透明な孤独」については今作ではどうやら「ぜんぜん違う」らしいのでそこも要チェキ!ですけれども「画」は!『ブリングリング』の予告観て「ソフィアだー!!!」ってわくわくしたもんなアそれだけで!
 そういえば。「ロードショーで欠かさず観るし新作を常に待っているから、間違いなくファンはファンだけれども…大ファン!ではない」という自分の温度感がまんま日本人客に一番多いような気がするんですが、
 個人的にその立ち位置は「ザ・オサレミーハー!!!」だと判断(自虐)しておったのを!!!
 この日、まどかさんが「ソフィア・コッポラを好きな、上品でセンスあるみなさんにはおわかりにならないだろうけれど」とおっしゃってたのにはマジでびっくり!!! (断じて皮肉ではないニュアンスでしたので)
 「ソフィアいいよネー☆」は10年ちょっと前には「バカガーリー!ポップカルチャーの流れにやすやすと乗るたぐい!」だったのに〜。隔世の感!!!
 彼女の株が上がったのか、受け手側のレベルが下がったのか(実際、下品でさわがしいのがクール!な波もあったしーガガとかぱみゅぱみゅとかに比べればそりゃシックでハイセンスだしー。どちらがいいとかでなく)、
 うーん、両方なんでしょうけども。そのへんが私としては一番心に残ったワードかもしれません!!!
 とにかく。興味深く中身の濃いイベントでした。映画、早く観たいわー!!!
 (パリス・ヒルトンの私邸を冷静な目とカメラで撮るソフィアの低温さとかサア!くー!)(とかいってマイハートの予想は「『SOMEWHERE』のほーが好き!」だけれども)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
実はソフィアコッポラの新作があるって事を知りませんでした。。
(疎さに自分の事ながらびっくりします。)

ソフィアコッポラの映画は、個人的にはセンスの良いと感じる映画です。(僕の微妙で稚拙なセンス感で、ですが、、、)ですが、上品てのはやっぱり皮肉な気がしますね。
どっちにしても、冷ややかな感じと音楽が素敵すぎるところが大好きです。(ケヴィンシールズとかずるい。)
僕はその程度でしか見れてないので、やすやすと乗ってしまいますね。
Dっち
2013/12/15 22:54
Dっちさんおはようございますー。
早速観てきましたけど(渋谷ではまんますぎる気がして銀座で。がらがらだった!)今までのソフィア映画好きなひとには向いてない感じでした。予想どおり。だからDっちさんはDVDで充分かも…
なんせからっからでしたから。雰囲気とか透明感ゼロ!
ただ画像と音楽はさすがの一級品で、私は楽しめましたけどねー。今回は誰の気持ちも「ひとごと」だったので(セレブ側もブランド物を狙って強奪するティーンもバカすぎる)へー!!で終わり、みたいな。
(とはいえ、ティーンの普段着とか朝食とかの図はなにがどうしても彼女の仕事、白めに色が飛んでて「らしく」かわいかったです!)
まき。
2013/12/16 11:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
クールでシックでエレガント、になったひと。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる