平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 能年ちゃん祝・新成人!着物ちょうかわいかったー(内容とはまったく関係ナシ!)

<<   作成日時 : 2014/01/17 12:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 先の3連休のうち2日は(も?)シネマヴェーラにいってきました。
 (今月末までの特集はほんといいのでみなさん観るといいヨー!古いだけに音も画像も悪い作品もあるけど、映画って俳優ってこーいうものだったんだなアーと思えるから)
 感想を書く前に余談ですが。私が過敏なだけかと考えてましたけど…ヴェーラはやっぱり「くさい」んだね!!!
 そもそも映画館のみならずなんらかの劇場で、男性用トイレのほうに長い列ができるって珍しくないですか?? びっくりしますよ、ドアの外に紳士があふれてるのに女性用は開けると最後のひとつ空いてたりとか。なぜ??
 と、悩むまでもなく〜。ここは「男性客の割合がちょう高い!」のです。それも60オーバーの方々が。席とっておいてお手洗いから戻ると「は?」て顔されたり、なんとなくイヤそーうな雰囲気を感じるときすら。(組んだり広げてた足を面倒くさそうに戻したりよ…女がいるとリラックスできねーとでも?) 一般社会ではてんで若くない私だって「ちょっと場違いな女性」って扱いをされるっつー。
 ハコとしては完全に「おしゃれな名画座」なのに!なんてったって下階はユーロスペースだし。映画美学校もあるので映画好きっぽ〜い若者男女も一応くることはくるんです。
 が!少ないんだナ!!とくにヤングガールはほぼ見ない。ふだんヤクザやエロやる機会が多いからかしらん…
 まあいい!ぎゅうぎゅうじゃなきゃひとつおいた隣が誰であれ私はかまわない!音をたてたり匂いさえしなければ。もう一度いおう!ニオイさえしない人ならば!!!
 う〜む。こ〜れ〜が〜いわゆる「加齢臭」のする御仁が多いわけよ〜そんな客層なもんで。でもって、想像できましょうが、おのおのの香りがブレンドされて〜集団でこう〜さらに包み込み〜うねるような効果を!!!
 ニオイは構成員によって違いますし、体調しだいで受け止めかたも変わるため<問題ない日>もあったりなんかして〜「もっとすげー名画座あるし。こんなこぎれいなとこでイラついてちゃ、あかん!」とずっと自分をいさめていたのですけれども。
 こないだ映画サイトを流しておったら「ヴェーラはニオイさえ我慢すれば最高!」てなことを書き込んでらっしゃる方がいて〜「やはりくさかったか!!」ってー。くさいよ!くさいんだよ!私(の鼻と許容力)は間違ってなかった!
 と。絶叫し気が済んだところで(?)書き進めていきまーす!

 1/11
 『もだえ』
 怖かったわ〜!!!サイコホラーなので恐怖上等ですけど、古いものゆえのいっそうの味わいが…。
 愚鈍な演出、不自由そうな撮影、大げさな演技などなどが異様な雰囲気を盛り上げていました。
 とくに頭おかしいラテン語教師が「(自分を)軽蔑することを禁ずる!禁ずる!!!」つってカッと目を見開き、かわいそうな男子高校生を脅すシーンは恐ろしかった!あれじゃ精神病んで退学にもなるって!
 ストーキングされてた彼女も気の毒でしたが、「こわいの…こわいの…」ばっかりじゃわかんないよ!せめてBFに訴えるべきでしょ!女だって自己主張しねえと!あんた悪くないんだから!
 『青髭八人目の妻』
 ってもー。お目当てはこちら!だったのでした。
 期待どおりの軽妙洒脱な脚本(俳優たちの勘もいいんだろなー。リズムって字面だけのもんじゃないから)と、ちゃっかりかわいらしい大富豪の8人目の奥さん(美人!てんじゃなく、体格も昭和だったりすんのがまた!)の、頭の回転の早さといかした服装(水着含め)をすーっかり堪能したしだいです。
 結婚する段になって相手の男がバツ7と知ってからの〜動揺と怒りからの〜それを逆手にとった未来の慰謝料狙いのやりこめ論法!の小気味よさは、
 いつかうたさんがおっしゃってた「メガネ女子のよさは<はずしたら美人>じゃねえんだよ!かけてるところなんだよ!(=女が知識を隠さねばならないいわれはどこにもない!)」て主張を思い出させてくれ、おおいにうなづけるものでした。(安易に褒めたり感心してるだけの女なんてつまんねえよまじで)
 細かいことはさておいても、痛快でかわいい作品でしたわー!!!観てよかった!

 1/12
 『宝の山』
 勧善懲悪のドタバタコメディ。55分という短さといい、床が抜け屋根が落ちロバが飛び沼にはまるあれこれといい、2人組(デブとチビ。歌もダンスも非常に上手!)のかみ合ってなさそうで絶妙にはまって笑える感じなどなど、もー「完全にドリフ」!!!でした。グー!おもしろかった!
 『そして誰もいなくなった』
 で、この日はこっち見たさに参上したんですの〜。はるか昔に観てますけれども、ちゃんと観たいゼ!てことで。
 シャレてるのよネ〜全体に。タイトにまとめてるから観る側もけっこう頭が必要なんですが(冒頭の10人の紹介なんてほんの一瞬、インディアンの童謡も一度しか歌われない)そこはほれ!私ら霊長類のトップやろ??? 脳使ってかないと!!!
 てわけで。余計な(かつださい)説明台詞は一切なく!さっさと(?)人形がなくなってゆき!トータルの仕上がりがちょうどいい感じ!!!になってて大満足〜。
 とは別に。「ひとりで死にたくない」心理については、年末「離婚調停中の妻にひきとられた小学生の息子」を道連れに部活の友達の前で!焼身自殺をはかったヤツに対し「お前だけ思いっきり苦しんで1000回死ね!!!」と心底憤った私は(子どものころから親子の無理心中が異常に嫌い!)(親はいなくても子は育つし幸せになるし!やだったら自分で選んで死ぬから!テメエが決めるな!)「死後あらためて裁きにあってほしいッ!!!」と激しくきっちり呪いましたけれども。

 1/13
 最終日だけはヴェーラでなく目黒不動尊へ。天気がよかったので〜どこかにぶらりと行きたくなり〜日が高いうちにお散歩がてら。
 友達ときたり、山の手七福神めぐりみたいなやつで訪れたこともある場所です。(はとバス的なものにとりつかれた時代など)
 たいがいの神社は澄んだ印象ですけれども、こちらも毎度いい雰囲気でー。
 名物の縁日にきたことないからほんとの醍醐味はわかってないのかもしれませんが、大鳥神社とかもなア〜酉の市以外のときがだんぜん好きだもんなア〜私…。
 そ、大混雑のなか突っ込んでく元気のない人間には七草粥も過ぎたころひっそりいくのがお似合いなの…ゆうても、この日もなかなかの人出でしたが!!!(お祓いもひっきりなしにやってた)
 上目黒→中目黒→目黒→下目黒 と南下するにしたがい地に足ついた感の増す地域。不動前(下目黒)あたりが人気あるのすごいわかるぅ〜。てか日村さんこのへんなんだよね〜かむろ坂の近くっていってたし〜そもそも目黒はやはぎが住んでるからいいところ☆とか考えながら〜もちろん大芸能人は車移動なので(ポルシェとかハーレーとか)会うわけはないんですけれども〜!
 やはぎが「芸能人が飲食店経営するのかっこわるいから俺はやらねーけど、思いっきりバカっぽく<けんちゃんバーガー>みたいなの恵比寿とか六本木じゃなく目黒でやるならいいなー!毎日店にも立つ!」つってたのは「さすが東京育ちの芸人!」。ウエンディーズよろしく似顔絵のキャラクターも作るんだって!いかす!センス問われるのそーいうとこでしょ!!!
 と。話は蛇行しまくりましたが。
 お手水で清め、煙を頭にかけ、お賽銭投げて願掛けしておみくじ引いて、参道近くの甘味処でお汁粉食べて、ひととおり楽しんだのち帰ってきたのでした。
 これはこれでなかなかいい日であった。おみくじの内容以外はナ!!!(あまりにひどかったので、なかったことにした。元旦のを「正」として今年は駆け抜けるヨー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
能年ちゃん祝・新成人!着物ちょうかわいかったー(内容とはまったく関係ナシ!) 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる