平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS ソファ物語(未完)

<<   作成日時 : 2014/03/20 15:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ひとり暮らしを始めるとき、私が部屋に求めたのは至極簡素なものでした。
 「バス・トイレ別」「二階以上」「コンロ二口」「日当たりがいい」のみ。ついで「賃貸なんだから駅からめちゃくちゃ遠いとかはちょっと…」くらいだったでしょうか。
 現代日本人にして21世紀を一応生きる女として望めばきりはなかったのですが、都内で思い通りの部屋を借りるには収入が少なすぎ、希望の地域(これが最大の難関)に住むとしたら「雨風しのげれば上等」でえ〜。
 幸いにも「最低限の願望」はかない、木造アパートの2階…一般的にみれば「20代ならまだしも、30過ぎてああいうアパートってキてね? かもしれねえが<愛着のもてる部屋>」に住むことができ満足でしたし、
 そこから引っ越した今のうちはすげえーバージョンアップぶりで、なんちゅうてもマンションだし〜オートロックだし〜エレベーターついてるし〜築浅だし〜部屋だってひとつじゃない!!!
 すべて喜ばしく、もとに戻りたいとかわざわざ願ってもいませんが、正直死んでもイヤ!ではない。あっちは駅がちょう近かったしィ〜宙ぶらりんさが快適だったしィ〜。ひとの心とはなんとも不思議…
 (いちいちたいしたことないが) オートロックや宅配ボックス、24時間OKのごみ捨て場の使用主となった現在、それらをいかに享受してるか??? てえと「ありがたいこっちゃ!便利便利〜」程度。生活の向上はたいてい金銭でかたがつくのネ〜みたいなのんびりしたものだったりして。
 いや実際、オートロックは怖くないしトラブルも回避でき、宅配ボックスの便利さにいたっては筆舌に尽くしがたいのですけれども、
 当方そもそもが戸建て育ち。「あいつらがいなかったとき」も「こんなもんだろう」つって楽しく暮らしていたので「オートロックじゃなきゃイヤイヤ!パパ〜!」」みたいなのは1ミリもなくてですね、
 将来「もう一回ナシ」になったとて充分やっていける自信がある!なんなら想像できちゃう!トーキョーシチーでひとりで生きるにはあったほうが格段に助かるが、そうじゃなきゃべつにィ〜。
 なもんで。自分が「今のところに越してよかったわああああ☆」つう箇所はなんだかんだで「広くなった!」なんですたぶん。たぶんてのもアレだが。
 そして。食べる場所と寝る場所と憩う場所がちまちまとはいえ分れた結果。ソファ!!!こんなちっぽけな私にもソファを買うチャンスがやってきた!!!のです。引越し時。枕がたいへん長くなりましたけれども。
 自分だけの趣味と判断と出費でソファを買うチャンスのある女性とない女性では「ないほう」がやや多数と思うんですが(自身そのつもりだったし〜)(首都圏においてはケッコンするときもったいないからひとり暮らしはしない、のが女子のほとんどだったもんなア〜 →時代を感じるね…)(遠隔地出身者でやむをえない場合ソファなんて根本からプププのプー!新卒の給料で10万円以上の家賃はほぼ無理、大台こえないと2部屋以上など住めないのが大東京だからサア〜カネやカネや〜!)
 床にじかに座るとか、クッション兼ソファみたいなやつがピンとこない私(さまざまなインテリアの傾向でアジアンや無国籍が群を抜いて落ち着かない。思いっきり和室!とかカフェならOKなんだけど〜)としては、やはりちゃんとした「椅子」のソファ!しかも小さめの2シーターがほしい!!!てんで〜あちこち見に行ったのです。
 家具は「見た目」と「値段」が華麗に比例するしろもので、3万円のと30万円ので「どっちが好き?」と聞かれて3万を選ぶのはけっこう変わった人(やわらかい表現)。なので、「気に入ったものに囲まれた生活を☆」なんつ〜夢見る夢子さん的なことをほざきだすと逆に資金繰りに四苦八苦して「まったく気に入らないライフ」を送る羽目になりかねない!
 その!その!!!「ドリーム」と「現実」のすり合わせに!なにより苦心しながら〜!!!当時、私はひとつのソファを選んだのです。肘おきつき2シーター。色はチョコレート…がよかったけど、店員に説得されて茶色のを。
 それが!そいつが!5年たつかたたないで!ペットも飼わず幼児もいない昼間留守の女性ひとり暮らしにおいて!去年の春からびりびり破れ始めたのです!!!
 亀裂。なのかなアー??? クッション部の背から尻から枝葉は広がる一方!!!しかも何十万円もする本皮製品じゃないから経年のさまも汚い汚い!!!毎日毎日気になって…キー!!!
 そこで買ったお店のサイトを見ましたら。「カバーリングの張替えいたします。現在生産していないものでも応相談」とのこと!!!現行商品にまったく同じデザインはないようだけれど、完全に合致する色と材質はアリ&今のやつの裏側にははっきりファスナーがついていて「ワタクシ取り替えられましてよ〜ホホホ」感も満載!
 早くダメになりすぎた件は腑に落ちないが、これは心機一転張替えっしょ!!!クッション部分だけなんだから〜!ちゅうわけでお店に問い合わせますと。
 ひでえ〜んだヨこれが!!!出た女(20代前半、甘ったれたしゃべり)がわかってんだかわかってね〜んだかの応対を続けたのち、「え〜と〜今ちょっと調べます〜」つって戻ってきたら「9万円ちょっとですね。10万はしないと思います〜」て!!!しれっと!!!
 高くついてすみません的ニュアンスはみじんもなし!本体には一切手を加えないのに!!!
 10万出したら新しいの買えるじゃねえか!!!くわえて工場まで実費で送れとか直しに半年かかるとか!!!
 当方呆然とし、「修理にそんなかかるとは思わなかったので…考えてみます…」ちゅう言葉をようやくふりしぼりますと。とどめに!!!
 「え〜破れたままのソファでだいじょうぶですかア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜????」て!!!大丈夫じゃねえから電話したんだろうがッ!!!なんだその世界一むかつく言い草!!!!
 怒り狂ったのち(小心のため、その場はおとなしく電話を切っちゃってあとで激怒度倍増ってやつね!!!自分と敵に向けてね!!!)私が決心したのは!!!
 「あの女の店(新婚のお友達も家具買ってるので名前は伏せますが)では金輪際トレイひとつ買わねえ!!!」てのと「だったら新品を丸ごと買ってやる!!!」でした。
 ハア〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。にしても高い!高いよソファは!!!いいやつは高い!!!そしてデカい…!!!(数年前ニ戻ル)
 その日から逡巡して逡巡して…やっと「この値段でこれならほしいかも!」という長椅子チックなの(カリモク好きのため、そもそも病院の待合室ぽいやつが好み。とはいえ、そのものズバリは重すぎるなア〜て印象で。むずかし〜い!)を見つけたのが1月の終わり!でした。
 で〜も〜!!!そいつも〜在庫切れとかで〜!!!予約後まったく音沙汰なし!!!業を煮やして3月の頭にたずねたら「4月の中旬ですかねえ〜」みたいな〜。家具業界ってなによなによなんなのよ〜!!!
 と。嘆いていても始まらない!破れかけのソファとともに暮らすつらさと、引越しシーズン&4月過ぎたらさらに「廃棄料」が高くなるってうわさを耳にし、先週末!!!思い切って新しいソファもないのに捨てたったんですワア〜現物を!!!
 おさらばした感想は、というと〜「さみしくはねえが不便…!」です。やっぱりィ〜人は寄りかかりたい生き物なのよォ〜。読書とかちょう疲れるしィ〜ベッドのところの明かりは暗いしィ〜。早くきてきてソファちゃん!!!と同時に。アンバランスで妙〜に隙がある「越してきたばかり」ぽいリビングもじゃっかん楽しかったりなんかして☆
 座る場所がなくたって死ぬわけじゃなし、大丈夫ですこれくらい!一時期よりはあたたかくなってきましたしネ〜!!(て、終始ひとさまにはどうでもいい日記を書いてしまってすみません…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソファ物語(未完) 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる