平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS あ!またそろった!

<<   作成日時 : 2014/10/17 12:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 10/11(土)は、Eの単独公演「等々」の日!でした。
 ほんとはその前にトリュフォー特集でのジャン=ピエール・レオーの舞台挨拶も見たかったんですけどぉ〜即効完売になってしまったのでオンリーに。(いわゆる「即完」。Yの大好きな言葉)
 年嵩人間の愚痴になりますが、E関係の催しにいくと毎度「ヤングってよくもわるくも視野が狭いんだな〜」とどこかしら思ってしまう出来事があり、今回は博品館劇場のエレベータにて。でした。
 「開ボタン押し」担の星の下に生まれた私は当然のごとく満員のお客さん(私もなんだけど)が降りきるまでプッシュしてたんですが、ただのひとりも!「あざ〜す」どころか頭を下げもせず!じゃっかんの衝撃を。
 通勤退勤時や社内エレベータなら7割強、Bunkamuraであれば9.5割が「どうも〜」ぽい意思表示をするってえのに…(別にお礼されたくてやってるわけじゃないけど〜。空気か。空気なのか私は。にしたって酸素ちょう大切だろうがい!!)
 カップルの男子がそゆとこ気づくタイプだったら女がスルーするの見て「え?」とかなるかもしれませんが、どっちもどっちの場合「開く係」をやるだけ損…!ゆうても〜気になっちゃう限りやり続けるだろうけどさア〜これからも私は。
 なんつったって当方エルメスのエレベータに挟まれた「痛い」(文字通り)経験があるんでネ!!!(階数ボタンの前に立ってた女がボンクラで〜ありゃ常識や思いやりの欠如とかを超越した狂人レベルだったが。ともあれ重厚なわけよォ〜エレベータもハイクラスのメゾンとなると〜!ちょう痛かったわ!)
 以来、もう他人は頼れん!つってえ〜係員がいない際は自発的にオープンをキープするよう(ルーか)心しておるのが裏目に出たのかもしれません。押さえまっせ〜オーラが自然に…。
 マとにかく!ヤングにはもうちょっと他人に感謝せよ!想像せよ!といいたい。誰が掃除してんのか。誰が選挙権を得るべく奔走したのか。誰が公園通りや表参道を作ったか。誰がインターネッツルを整備したか。
 …とかなんとか〜書けば書くほど老人の小言になり自身も凹むので、このへんでやめて〜。さ、感想感想!!
 え〜なんと!今回はじっこのほうとはいえ席が2列目!たいへんよかったです!Yのクマまできちんと見えた。
 一番おもしろかったのはいまだちさんのアウトレットガールズの丸秘映像でしたけども(ゆーちゅーぶでそんなのがはやってるとは知らなかったが、お約束のアポなしで彼のマンションを襲うくだりからすでにおかしくて。ダチさんの「趣味」の片鱗が見えたのも楽しかった〜)
 なんつっても最後の「ダッフルコート」にきゅんきゅん!!!三日月に腰かけギターつまびき(『ギター弾きの恋』な!もちろんカラオケでコードを押さえる指もテキトーだったが)歌う曲が「ドアノック」!て〜い〜う〜Y!!!「その層」めがけた強力な弾丸が!!!
 ヤングじゃない(年の近い)ひとの魅力はこういう点です。彼の結婚披露パーリーの様子も流れましたが、すっごくいい雰囲気で(とくに片桐さん)ああもうYお幸せに〜!て、私が祈らずとも充分楽しそうだから別にいいんだけどもそこは。
 細かいネタについては、そもそも男子っぽくひねらないやつばかりで(NOGUSOがテーマとか)アンケートの回収率がめっちゃ低く「わざわざ書くの難しい」とかいわれがちなEコントらしく「終わった瞬間すべて忘れる」系なので、数日たった今となっちゃ「おもしろかったなア〜!ばかばかしくも全力疾走で!」てぼんやりしたのしかないんですけど、
 ご本人らがいってるように今回のはとくに動きが激しく、アレを昼夜2回全国でやるなんて…心底「ごくろうさま!」と声をかけたいワかけれるもんなら!「日常に感動するサークルの全国大会」のとか〜(意味わからんだろうが)
 とりあえず、彼らのライブはチケット取れたらいくし、取れるよう努力はし続けたい!!それから土日しかいけないので週末にもアフタートークつけてほし〜い!!(人脈がすごいから)て感じでしょうかネ〜まとめれば。

 てのが連休のハイライトだったわけですけれども。
 日曜夜のクドカン新ドラマを見に実家にいこうかニャ〜なんて考えていたら、夕飯まで姪っ子を預かってる話だったんで、よっしゃ早めに出かけたるで!と気合いれるも〜掃除したりごみ出したりするうち夕方近くなってしまい〜その旨メールしたところ。
 母から「まきちゃんまだ??? まきちゃん来なかったらお昼寝もしないよ!まきちゃんきたらいうこときく!」とむちゃくちゃかわいくぐずり中(要するに「ソッコー来い!」)との返事。
 なんですってえ〜??? 子どもに好かれた経験がないためうれしすぎてビビりつつ、方便てとこもあるだろうし〜つって(最近頭使ういいわけしたりするようになってるから)自らをいさめ、それでもいそいそ出かけますと。
 「まきちゃ〜ん!」ゆうて手紙とか書いてくれたりして…胸アツ!!!
 そんで一緒にアナ雪とか見ちゃってえ〜(両親が孫のためにブルーレイを購入しておった)。当方実は初見なんですけど、なるほど名門ブランド産は絵がきれい!とほれぼれしたり、例の曲にあわせて歌うなど、思ったより楽しめたのでした。
 何度も見てるのもありましょうが、姪はちゃ〜んと映画の筋や意図がわかってるようで、
 「こいつじゃないの!真実の愛は!」とか「アナも突然だとつらいよねえ〜」とか(母に「ならこっちのひととチューするの?」て聞かれ)「違うよ!魔法をとけるのはエルサだけ!」などなど随所で適切なコメントをし、えらいもんだわア〜ひと月前5歳になったばかりなのに〜と至極感心させられた私。
 素朴な疑問になりますが、小さい子は比較的みんな頭がよく吸収力に長けてるのに(ずるがしこさも含め)成長すると非常〜に賢いひととびっくりするほどのバカにわかれるのはなぜなんでしょうか???
 不良のふりを(カッコイイと思って→ここでもう「センスは悪い」わけだが)するうち本格的に腐ってくようなアレなのかしらア〜。
 (姪っ子はとくに優秀とかでもないようなのに、記憶力や理解力には本気で驚かされるので。伯母バカでなく)

 つ〜う〜〜ほぼほぼそんな(?)3連休でしたのヨ〜。(あっけなく)おしまい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あ!またそろった! 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる