平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS おなかいたいウィークエンド。

<<   作成日時 : 2014/11/14 16:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 先週末は「ほぼ体調が悪かった」のです。ぐずついた天気のせいもあってか連日おなかも頭も痛く、ぼんやりと。
 寝込むほどなら寝込むわけだけれども(あたりまえ)病院にいくレベルでなければ私の場合少し動いたほうがいいので(ほんのちょっと、ね〜。出ずっぱりとかじゃなくて)、
 土曜の昼間、以前からいきたかった徒歩圏のお店にケークサレ(いまさら!)を食べにでかけてみましたら。なんと臨時休業…!!!もれなくひどい目にあうわ〜。寒いし小雨まで降ってきたわ〜。
 心身ともにさらにどんよりしておりますと「ア、近所じゃん」と思ったことのあるサンドイッチ専門店が。しかもイートイン(正確にはインではない。屋根はついていますが、アウト)スペースもあるもよう。もう、ここっきゃない!
 売り切れ御免店のため(ツイッターとか見るとしばしば14時過ぎに「なくなったので閉めます」宣言をしてる)、私が寄った13時近くはすでに食事用(?)のバゲットサンドはゼロ。クロワッサンのと甘い系のみ!だもんで(伝染)シュリンプと卵のクロワッサンサンドにベリーとチーズのバゲットをデザート代わり〜て食したのですけれども、
 お店のかたの感じが異常〜によく、予約のサンドイッチをピックアップにいらしたかたも異常〜にいいひと、かつ!先にテーブルで食べてたかたがまた異常〜な美人!(ストールだけでちっちぇえトート持ってさらっと文庫読みながらサンドイッチ食べてんだから参っちゃうわヨ〜界隈で一番所得の少ない女としては)
 まぶしすぎる光景に感動じみた気持ちにすらなる私…なんておだやかな地域!(といいつつ殺人事件も過去には「ちゃんと」?あったりするんでトーキョーは油断ならないのですが)
 パンはさすがにとてもおいしく、かなり持ち直してきたため、その足で取りおきしてあったピアスを見に代官山の古着屋さんまで。
 そこで気心知れた店員さんとちょ〜うあれこれおしゃべりし〜(インスタ等のどうでもいい話)いろいろつけたり着たりしたのち、違う古着屋へとはしご。
 こちらでも前回非常〜によくしてくださった店員さん(スタッフみんな若いんだけど文句なしの接客なの!他店のひとからもここの子はできてるっつ〜評判だから、なんちゅうか、社風?? トップの指導の賜物?? 以前も書いた代官山と表参道にあるお店なんですが、どっちも売らんかなじゃなくて感心しちゃう)とほがらかにトークしまくり〜帽子(ベレーかハット)を探すつもりのところなぜかスゲエ柄のバッグを購入!
 (過日シャネルのバッグを買ったばかりだってのにッ!→話が長くなるので詳細は割愛しますが、高かった!とだけはいっておきたい。ひさしぶりの家賃超えの買い物です!上記のバッグの20倍のお値段!でも行く先々でシャネルってだけじゃなく、似合うタイプを見つけられたことへのお褒めをいただくのでヨシとしたいし、なにより鞄ごときを神棚に飾っておきたくないので後悔せずにガンガン使う宣言!)
 (さらに余談ですが、このスゲエ柄のバッグへの賛美もなかなかのもんで〜。50オーバーのマダムオンリーではあるが、路上で呼び止められたり駅で掃除してるひとにまで素敵ねえ〜といわれたり。先の世代にウケたほうが「若作りは老けて見える」論の私としては理にかなってるんでいいのだけれども、にしたってこれほど評判いいとは予想しなかったわい)
 歩きに歩くうち、なんとなくおなかが痛かったのを忘れかけてきましたが、うちに戻れば元通り…。当然よねえ〜さらに冷えてんだし。
 だもんで(口癖化。昨今そんなかたも多いのではなかろうか…)冷凍食品のお好み焼きとポテトチップスを食べてさっさと寝たしだいです。
 (ひでえナ〜と感じられるかもしれませんけども、ふだんからこんななのでことさら悪化もしないのだ。食生活を考えるとアタシって意外に丈夫なのかもとか思っちゃうもんね〜。決していばれる話じゃないが)

 翌日曜日には。時間をくりあげてメゾンエルメスにて短編映像集『イリュージョン』を鑑賞〜。
 予約時はあえて遅い回にし銀ブラをなどと思ってたのかもしれませんけども、体調と気分で午後早目に。変更できるシステムでよかったわア〜無料なのにやさしいエルメスたん…!(それに比べてシネコンやイープラスの冷酷さときたら)
 ご存知のとおり、銀座のメゾンエルメスは美しいガラスキューブの集積で、そのところどころがショーケースとなっているのですけれども、年の瀬の声が聞かれるようになってますます素敵なことになっており。
 (ちっさい箱ゆえバーキンだのケリーだのじゃなく、入ってるのが時計とか手袋ってとこがいかす!横目で流しながら「ああ都会ってイイ!」と浮き足立ってしまいます)
 銀座の「へそ」をどことするかは各々ありましょうが、日比谷線で育った身にはやはり「ソニービル交差点」です。数寄屋橋。日比谷のほう。4丁目では、ない。
 あそこに立つと「銀座にいるぞ!!!」と無条件にアガル〜。だもんで(3回目)月に一度メゾンエルメスで映画を観るのは私にとってかなりのお楽しみ。
 それにくわえ、ここの短編映画のチョイスの「観客を選ぶ感じ」がたまりません!先月の『都市は物語る』もでしたが、見る側に頭を使わせるというかアート寄りというか、テレビドラマのザ・ムービーとはだんぜん世界が違うんです!(設楽さんいうところの「ここはお前のいる世界じゃない」の<世界>が違うってこと。たとえてよけいわかりづらくなるパターンだが)
 ホラ〜ちょっと高い場所を見上げるほうが人間って成長するじゃないですかア〜。放っておいたら誰だって「できることしかしない」し〜。そういう意味でとてもいい機会を得ているのです。ありがたい!
 とはいえ今回の7編で自分が気に入ったのはなかでも単純な「王子と王女」(切り絵ぽいやつ)と「マジシャン」のやつ!だったりはするのですが。
 かなり古そうな画像でしたけれども、しゃれてて深みもあって音楽もフォントもグー!!!フォントに関しては7作品全部かっこよかったですけどねえ〜。昔の映画の文字ってなんであんなに素敵なのかしらん。

 てな具合で。体のほうはちょっとアレでしたけども、なかなか楽しい時間の多い週末であった、と。いってみりゃ「ある意味自由を謳歌した」てえ感じ??? 
 (体調悪いから横になるとか、お金がないからあるもの食べるとか、それも一種の自由でしょ??? 輝かしくはぜんぜんなくても)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おなかいたいウィークエンド。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる