平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨でもおしゃべり、晴れてもおしゃべり。

<<   作成日時 : 2014/12/25 15:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 友人の少ない私でも、年の瀬は「今年のうちに会っておこうよ〜」みたいなのが続くのさ…て先週末でした。

 12/20(土)
 みぞぐちさんと東京會舘へ。東京會舘です!(二度いった)以前から いってみたいわ〜と横目に見つつ日比谷を歩いていたけれど、このたび(たぶん秋ごろ)またお茶しましょうね〜!ね〜!とかいってたのが、そろそろどうですか??? となり。
 「リニューアル前に東京會舘はいかが?」とこちらの心を見透かすご提案が!乗るに決まってます!
 勝手のわからないところはまず知ってるひとに連れてってもらうのが一番だもの〜(そううまくいかないのでたいていの場合不審者になりがちなオラなのだけれども)
 有楽町で待ち合わせして小雨降るなか訪れたそこは、思ってたとおりの!素敵空間でした。
 入るなりすっごいイイ味のクリスマスツリーがあって〜あれよォ〜昔ながらの〜子どものとき夢見たよなやつ!大きくて〜星がてっぺんについてて〜足元にはいっぱいプレゼントが並んでて〜アナログにキラキラしたやつ!
 いただいたのはもちろん「マロンシャンテリー」!です。雑誌や素敵なひとの日常写真でしか見たことのなかった食べ物。想像よりはるかに繊細でかわいらしくって、きゅんきゅん!レースみたいでお城みたいで王冠みたいで、甘甘でこってり〜。
 みぞぐちさんはリピーターのため新しいコーヒー色のをオーダーし(かつ、サンドイッチも注文)私は基本の真っ白いそれをおしゃべりしながらぺろり。
 彼女の話はすべておもしろかったけれど、タイムリーつったらやっぱり『超LIFE!』の件!!!ばっちりあちら側のひとゆえに〜もろもろの秘話とか〜あのひとこのひとのエピソードとか〜うちうち上映会をした日のこととか〜いっぱい聞けて楽しかった!
 一般人として映画を観た私ですら「このあたりを大きく扱ってんのが、イイ!」と打たれたストリングス服部さんのカット部分なども聞けわくわくでした。キャリアがあるひとの語り口はすばらし〜い!とあのときだっていたく感心したのに、その他の部分もだなんて…!
 もろもろ自分だけが聞くにはもったいない内容でしたけれど、拡声器で知らせるものでもないため心にだけ刻んでおきます…て、ああなんて贅沢!!!
 贅沢といえば。カフェテラスは目線に並行して皇居の外堀があり、ゆきかう師走のひとびとが雨にけぶってるさまがとても美しく、うっとりでした。(そうこうしているうちどんどん土砂降りになってったわけだが)
 みぞぐちさんは東側生まれ育ちの心底「そういうひと」で、毒舌っちゃ毒舌なのかもだけど間違ったことはいわないし、かっこいいわるいの線引きが私と似てるため、のびのび話ができるのも毎回とてもありがたい…!
 ほくほくしつつ、彼女が知り合いの映画を見にいくというタイミングでお別れし、雨のなかとりつかれたように川沿いの、なんつうの、装苑界的なところでカリスマの女性のやってるショップへと移動〜。
 なんでいまごろいくのか自分でもはかりかねましたが(いきたきゃこれまでいくらでもいけたから。家から歩いて。天気のいい日に!)、たどりついてみると、
 導かれたのはこのためだったか!!!な古着のマントがウィンドーでほほえんでいたんです!(単なる偶然)
 大雨のなかあらわれて自社ブランドの服を一顧だにせずボディのコートをいきなり脱がせるなど冷静に考えるとアレな客でしたが、近頃カリスマのミューズらしい店員の子(ちょうかわいい!小さくて!お店のブログとかインスタとかで見るまんま!)はニコニコもってきてくれまして。
 これがまた怖いくらい似合ちゃって〜!!!「きゃ〜!とてもお似合いです!!!こんなにぴったりなひといない!」「この場にいられてうれしいです…!」とかわいこちゃんも大歓声!
 うん、合ってる…合えばいいってもんじゃないけど…(けっこう目立つし…あと買い物控える計画はどこへとか…)(しかも外は暴風雨)
 というわけで〜。「ちょっと考えてみます!明日くるかも!」と言い残し、お店を出た私だったのでした。

 12/21(日)
 翌日はまりさんとランデヴー。前回いつ会ったかお互いぼんやりのため覚えておりませんでしたが(ひどい)20年にわたる友人なので、半年や1年大差ない!今回はこちら側で待ち合わせです。
 (青のなんとかで平日夜めちゃくちゃな駅周辺だけれど、土日祝日はやめてくれたおかげで休日がすっきりするっつう皮肉な結果に…)
 カフェでのんびりおしゃべりしてえ〜(主に仕事や趣味について。フツーか。でも、まりさんも割と表立って書けない仕事内容だからよ)、
 お互い印象変わらないよね〜好きなものが変わらないからね〜てゆか流行に踊らされないよね〜「そっちでしょ!」「そっちこそ!」みたいないいあいをするなどなど。
 私から見れば、まりさんのほうが変わらないですけどネ、完全に。自分も「イメージが変わらない」といわれるけれど(加齢がどうのじゃないよ!そりゃ影響してるわめっちゃ!イメージ「が」だから!)、
 まりさんの冬の姿…ウールのベーシックな色のコートにマフラー巻いて手作りっぽいバッグときれいに手入れされた爪と小ぶりのアクセサリーとか…もうず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと!だもん。一度もトガったり男子っぽくなったことがない!
 彼女といえばクローディ・ピエルロの服!なんですけど(マイ脳内では。ヤングは知らないかもナア〜日本撤退して何年もたつし〜)20世紀からだから!それ。ブランドは変わったって「印象」は同じ!
 と〜い〜う〜。そんなまりさんにつきそってもらい、お茶のあとは昨日のお店へと。(執着まんまん!)
 冷静にもう一度着てみて…やっぱりカワイイわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!まりさんにも店員さんにも激しくほめられ背中を押され、買っちゃう!!!と決心したしだい。
 コートを買わない年があったっていいじゃない…な〜んて数日前までいってたのに。いやでも古着は出会いだから!(真実といいわけのハーフ&ハーフ)
 ひそかに、件の店員さんから「昨日、また来るっていわれて楽しみにしてたんです。どんなかっこうでいらっしゃるかな〜って☆」といわれたのがなによりうれしかったちっさい私もいたりして!へへへ!
 世の野望にあふれた女性らにくらべたらノミみたいなもんですが、高校時代クラスの男子に「いつもなに着てくるか楽しみ」っていわれてすっごいうれしかったときを思い出しました。
 私は着たい服を着られないと頭おかしくなりそうだから着てただけで、それを認めてもらえるのはあくまで副産物&サプライズ!(モテなくても死なないけど、ヘンな格好は死に等しかったから当時はとくに。好きな服を着られるなら失うものがあっても!つうある意味エゴを評価してくれる異性がいるってほんとうれしかったんだな〜)
 (あ、モテるモテないとか容姿に恵まれてるとかいないとかについては。こないだ政所さんがスーさんの番組でちょういいことをいってたから、そのへん悩んでるひとはポッドキャストを聞いてみるといいヨ!)

 とにかく〜。とっても楽しい週末でした!(無理やり軌道修正)
 ふたりとも既婚者だけど、子どもがいないからか仕事の話が多く、なんだかんだ充実してるっぽかったので、女の人は働いたほうがいいなワ〜とあらためて。ほんとのほんとに「シャイン」な社会にしてほしいぜコラッ!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨でもおしゃべり、晴れてもおしゃべり。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる