平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS どこまでも行こう この荒野をぬけ。

<<   作成日時 : 2015/08/06 14:54   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 もろもろあって、週末には親族会議が…。小規模なもんだけど。

 8/1(土)
 暑い。暑い暑い暑〜い!連日の35度超え。8月だぞ〜わっしょい!ぽい気分ゼロの、殺人的な暑さです。実際日々死んでるしな。
 午前中はそもそも通ってる内科へと。入院した病気について担当医とじゃっかん違う指示をされ困惑するも、そんなもんかも〜と受け流すことに。大筋で判断ミスとかされたらたまったもんじゃねえが、それぞれ考えとか長年のカンをもってらっしゃるのでしょうし。
 てか、そこよりはるかに重要な、両者ちょう共通する「太陽は僕の敵」つう注意が!!!
 闘病はまだまだ続き(うまくいって秋の終わりまで)投薬も続き、よってアレルギー反応も続く私に「紫外線は大敵」らしいのですけれども、
 さらに「日焼け止めも塗るな」と口をそろえていわれたら。ひとり暮らしの労働者はいったいどうすれば??
 元来ぶつぶつが出やすく日焼け止めの使用を避けている当方、それが敏感な体に刺激物であるのは重々理解できてるんですけど〜紫外線が絶対ダメで〜なのにUVよけも!て〜。
 「外出をひかえればいいのよ」ってさらっといわれたけど、なにそれ!!!病人に自由はないのか!!!→なかった。これまでも。
 真昼間に通院するだけで肌はジリジリ。35度以上の炎天下になにも塗らず3時間でかける根性あるひと、私と子ども以外なかなかいないと思いますが、次の日までひりひりしてんだよ!!!ひ〜。
 スーさんに激しく同意!日差し自体が強くなっています。昭和時代と比べ。暑さだけじゃなく!!!
 (終末や終末〜地球もこの国もわが命も〜とぶつぶつ心中でとなえながら、それでも病院通いをやめない自分はまだ生きたいのであろうきっと)
 のち、お昼食べる店も決めてたのに食欲わかずで(この私が!や、帰ってちゃんと食べたけど〜)スタバで一息つくのみとし(ご存知ないかもしれませんが、スターバックスジャパンの本社は目黒にあるのだ。ビルの上階では社員研修など行われており、1Fはコンセプトストア。お客は見事にかっこつけたひとばかりですが、店員さんの質はさすが。限定メニューもいっぱいあるみたい〜。冒険しないタチなので恩恵にはあずかっていないが)、
 いったん帰宅。風呂やトイレを掃除して実家に向いました。
 暑い。しんどい。蜃気楼がみえます。バスを待つのも駅までもつらい。ホームにいるだけでつらい。
 弟一家も実家のひとたちも基本車移動なので、この苦しみをしらない。たどり着くとすでに集ってた彼ら彼女らに「おそ〜い!」といわれたけれど、
 灼熱のなか2ヶ月前まで入院してた人間がそんなさくさく移動できるかって〜の!!!忘れないでけろ〜。
 否!!!この際、私の入院話など後回し。それくらいの衝撃が、今、実家付近には襲っているのです!!!
 「不幸が続きすぎるよ。おかしい!」「家まるごと厄ってあんのかしら」「でも植木も切ってないし、仏壇もまあまあ世話してるし、お墓参りだってちゃんと」「塩盛るか〜」「気休めでもねえ」「や、来年こそいいことありますって!」「来年…遠いわア〜」「今年の後半には盛り返したかったのに!」「残念ながら7月1日に俺、救急車乗ってるし〜」「いちいち全部重いってのも」「年に1度としても大騒ぎ規模の事件が」「なぜ立て続けに??」「不幸が…」(ループ)
 元来あまり丈夫でない(平均寿命以上に生きてるひと見当たらない)一族とはいえ、これはひどい!ひどすぎます!!!
 知らせから2週間たち、本人が目の前にいるので自嘲混ぜてジョーク気味に話してはいたけれど、みな大きなショックを受け、かつ、各々現実に痛み(体にも心にも)を抱える、まことによわよわしい集団…。
 唯一健やかな姪っ子の「おばあちゃ〜ん、ディズニーみる!」とか「おじいちゃんおなかすご〜い。ポンポン!」などの声が煤けたおとなたちの耳にまぶしく響く午後でした。
 姪は子どもらしく保育園や習い事の話を聞かれるまま(思いつくまま)話しており、
 勝手に私が感傷的になったのは「●ちゃんは1つ上にお姉さんがいるの〜」「■ちゃんは妹が生まれたんだって!」「○くんはお兄さん。名前はけんとくん!」「○ちゃんはおっきいお姉さんがいるんだよ〜」と、周囲のお友だちの兄弟姉妹を正確に把握していたあたり。
 兄弟姉妹の存在に憧れてんのかもな〜興味しんしんていうか。ひとりっこだけに。
 弟夫婦はこんなのいちいち相手せずスルーしてるだろうが、たまに会うおばとしては「ごめんね…おまけにキミにはたぶん一生従兄弟もできないんだよ!ぐうたらまきちゃんしかいないから!」と負い目を感じずにはいられませんでした。ふう…。ため息ばっかり!!!(カーボーイリスナー)
 (義妹もひとりっこのため)(ひとりっこの子ってひとりっこが多いから、ひとりっこならではのよさもあるんだろな〜と昔から考えてはいますが)(という「ひとりっこ」だらけの文章)
 (あ、たいした話じゃないですけども、私は若いころひとりっこ男子に3人続けて告白され〜その折〜やっぱり〜この〜姉体質が〜引き寄せちゃうのかしらア〜と浅い分析をしたもんじゃった。ちなみにひとりっこ男子はひとりで遊べるのでラクチンでいいと思います。必然的なマザコンで自分以外の人間には独特に冷たいがゆえそのへんいやな女性には向かないかもだが)
 あとあと。「あ〜あ〜。ふつうのけがしてないおとうさんちの子はいいな〜」といってたのがかわいかった!
 夏休みにお父さんが怪我するとかありえないよね〜しかも右足とかね〜。どっこもでかけられないじゃんね〜。
 でもお父さん自身何年も前から楽しみにしてた「家族でフジロック」がおじゃんになっちゃってすっごく落ち込んでるから許してあげて〜(つか、いまキミを見つめてる大人たち全員が体ガタガタなんよ実は)
 そのうえ。そのうえですよ!!!暑さだけでなく、取り囲む社会も未曾有のろくでもなさという。なにがどうなってんだいったい!!!
 この世を憎む!!!と平成27年のいまさらレポート用紙に書きつけたいぜよ…!(スーパー遅れてきた中二)(まったく合ってない背景とのコラボも楽しんでいただけたら幸いです)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に背景、明るいね。土曜日の朝に目が醒めるわ〜。8日連日の猛暑日、東京は昭和時代どころか私が去った20年前とはもう気候が違う。あの頃は内陸ではともかく東京で35度なんて滅多にならなかったよね。日向に3分立っててももう汗ダラダラで辛くなるよね。(旅先で経験した。)まきちゃんがサングラスを発見して良かった!そしていろいろ大変らしい中、姪っ子ちゃんの存在が一族みんなの心和ませてくれるし支えになるね。みなさんお大事に。姪っ子ちゃんを始めとした次の世代の日本人が希望を持って生きられる未来を守りたいね。でも日本からの政治ニュースは恐ろしい不気味なものばかり。
弥生
2015/08/08 18:32
昨日今日若干暑さはゆるんでるけど、それでも32度とか。信じられない。東京はしかもアスファルトで湿気がすごいからたまらないわ。昨日みたグラスゴーが舞台の映画、涼しそうだった…そっちがうらやましいよー。
サングラスはお試しで買ってみたところ、びっくりするほど快適で、ファッション小物というより実用品なのね…お見それしました!って感じ。日差しの威力たるや。

身内の不運続きは、もーどうしたもんか。みんな若くないからそりゃあちこちガタはくるさとはいえ、突然ドーン!ってのばかりで。メソメソしてても仕方ない、なんとか歯向かってくしかないんだけど…。抵抗する体力がね。
まあでもできる限りのことはそれぞれやってくよ。弥生さんのいうように、姪っ子の生命力と無邪気さに救われながら。

あと、現政権!ね!まじでむかつくわー凹むわー。
生きてきたなかで最悪のときが流れてる。民主主義とか主権在民を簡単に踏みつけられる、周りみても誰も支持してないやつらのために事態がただ悪化してくのが耐え難い。
日本人です。ってかなり胸はっていままでいってきたけど、それも難しいことになってくるのかなあ。つらい。現時点でも相当ひどいからここらで食い止めたいよ…。

心躍るよな日記を書きたい気持ちは山々なんだがしかし。
弥生さんたちのヴァカンス写真みてちょっと清々しさをわけてもらったり。素敵ねー。

(平和と文化を尊重しないやつは地獄に落ちて欲しい!!)
まき。
2015/08/09 10:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこまでも行こう この荒野をぬけ。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる