平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS なむあみだぶつ〜。

<<   作成日時 : 2015/09/02 15:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 雨気味の先週末は寒いほど涼しく、なにはさておき救われました…!

 8/29(土)
 午前はルーティンの通院(なにげに押韻)、毎週末病院です。
 ウィークデーには検査も入るし、退院時あんなに支払ったうえ地味にこつこつ医療費が加算され続け、シャレになりません。
 昔から丈夫でないこの体…役立たないわりに高くつきすぎる!怒れど嘆けどとりかえはきかないのだから、なんとかしてくしかないけれども。やりくり。がんばり。KUFU。
 ののち〜来週用の作りおき(てえとかっこいいが、ちょうてきとう。豚のえさ並…とまで自虐の必要はないか)をこさえ、実家へ移動〜。明日は父方の法事なのです!
 今回、母が体調不良で欠席のため父の補助をせねばならず。地方の長男に嫁いだ女性ならばこの年齢、すでにベテラン女将よろしくもろもろ仕切っておられるのでしょうが私は一切不得手、
 愛嬌ある親戚の娘さんがお茶などかいがいしく運ぶなかぼ〜っとしてた10代以来、冠婚葬祭の場では「まじ使えない女」。それに輪をかけ、自分が生まれるはるか前から行事に無関心で名のみの参加をキメ続けた父とのタッグ…考えるだに厳しいものがある。
 しかし。今、母に心労をかけるわけには!!!どーんとまかせてといいたい!!!(大げさ。私には荷が重いだけでたいしたことはしません。都市部の公園墓地だし)
 くわえて、この調子では自身もあの墓の仲間いり。大家である祖父母の覚えめでたくしておくのは死後のためにもなりましょうて。がんばらねば!

 8/30(日)
 てなわけで朝、小雨降るなか実家を出発〜。
 墓地の事務所で法要の内容確認をし、お坊さんにお布施(大金)を渡していると、弟から電話が。みなさん墓前に集ってるらしく、急ぎ手続きを済ませていったんお墓に。数年ぶりの従兄弟たちの顔も見えました。
 事務所に戻り、読経まで歓談。ここでえ〜知りたがりなおばさんの〜ちょう!母の詳細を聞き込んでいるさまが確認され〜想像どおりの展開にがっくし!!!
 このひと本当に苦手…。数年に一度しか会わないけど、そのたび「あ〜やだやだ!」と思う。相性もありますが、感じるからサ〜あまりにも。「負け犬!孤独に死ねばいいのよあんたなんか!」てなオーラを〜。
 表向きは「ま〜すてき!」「いつもおしゃれ!」「スマートでいいわあ〜」「好きな仕事して輝いてるよね!」「このあいだおうちのあたりテレビで特集してたわよ〜」とかなんとかすげえ褒めっぷりなんだけど…ええ〜い!しらじらしい!そもそも血のつながらない中年の姪をそこまで褒めるかフツー。
 結婚しないでどうするんだ何考えてんだと両親もなにもいわない20代後半から責められ続け、もってきた縁談断ると激怒(30近くで選べる立場か。こんなにきちんとした青年なのに)、挙句親に「娘を甘やかしすぎだ」「あんなんでは将来真っ暗」と指導する始末。
 そりゃ〜おばさんは〜お見合い結婚で〜23区内の戸建てを自動で手に入れて〜いっぱしの専業主婦になったかもしれんが〜おとなしく自分の幸せだけかみしめてたらええやんか〜うちとこに余計な口出しせんといてえ〜私のことで両親を攻撃せんといて〜てんで、以降親族一のうんざり対象だったのですが、
 その後さらに醜い本性を見せられ(骨肉話なので略しますけども)もうだめ!できれば一生口ききたくない!枠のひととなり、
 とどめは長男(従兄弟)が最終的に選んだ女性(優秀で落ち着いた素敵なひと。現妻)へのdisにつぐdis!!!
 あんた!「私はね、息子たちの選んだ子なら誰でも大〜歓迎!(誰かと違ってより好みなんかしないの)目鼻がついてればいいわ〜」とかえらそうにいってたのはどこの誰!!!
 やっぱり手塩にかけた自慢の子には「いいとこの娘さん(会社社長や議員のお嬢さんとつきあってたころはやたら吹聴してたのにサ〜えぐいったらないワ〜)」で「若く華やかな美人(ジジババにわかりやすい)」と結婚してほしいんじゃんか!!!正体みたり!みえてたけども!
 まあいいです。私がいつか野たれ死にするときまで運よく生きてたら笑ってくれヨせいぜい。
 え〜そんなひとの息子でも。従兄弟らは性根がよくてですね、世代違うし親がアレなのでふだんつきあいはほぼないけれど、
 見た目と頭にたいへん恵まれ(揃ってazbから日本一偏差値の高い国立大学に進学。スポーツも万能。参っちゃうねえ〜)会えばニコニコ話しかけてきて聞いたことにはすらすら答えてくれる好青年ズ!
 今回の会話でびっくりしたその1.は、なんと!!!こないだまで大学生だった一番下が真向かい(大通りを挟んでガチの正面)に住んでて、
 その親友が隣(うちのマジ隣室!マンションの場所とか階数とかいいあい、だんだん絞られてったときのおもしろさよ…。さすがに友だちのほうは見たことあって、いまどきの男子ぽくオシャレでそんな頭よさそうには見えなかったけど、そこが21世紀なんだろねえ〜)にちょっと前まで住んでおり、彼も週半分入り浸ってたとか!よく会わなかったわ〜(会わなくてよかったわ〜)
 その2. なんと!!!(なんと続き)ときどき3兄弟だけで飲むんだって!かわいい〜。実家に集ったときとかじゃないのよ? わざわざ待ち合わせして外で!仲よし兄弟ってチーム男子的にもぐっとくるし!おまけに!!!
 お兄ちゃん(長兄)の影響で聴きだしたB'zをず〜っと好きで!アリーナとかのコンサートもいくんだって!(20代のエリートを魅了するとは。あのひとたちやるなア〜2曲くらいしかしらねえが)これがブラックミュージックとかジャズとか、じゃなくてもオペラならば「ハアさいすか〜」で終わりですけれども、
 笑顔でそんなこと無邪気に話す様子にキュン!!!育ちと頭のいい若者って最強だ〜。
 義妹など「あれだけいい子たちのお母さんなら、確かに変わってるけど探せば長所もあるのでは…」とかいってたくらいです。
 (うん、そう、子どもたちにとってはよき母なのよ…えらい教育熱心で…今は勝手に次男の婚活ママ会に入っちゃってるイキオイだもん…放っといてやれよなア〜)
 マとにかく。(私以外)孫も立派に成長し、祖父母も仏様になった先(あいまい)で喜んでくれてることでしょう!
 「まきちゃん、だいじょうぶよ!お母さんきっとよくなるから!」って最後おばに両手握られ、その芝居臭さに気絶しそうにはなったけれど、従兄弟たちとは気持ちよく別れ(バイバイ〜今晩また近所で会っちゃったりして〜)
 実家で喪服やストッキングを解き放ち、弟一家と数時間楽しくすごしたのでした。(姪っ子が「おばあちゃんに会いたい」つったから!泣けるゥ〜。孫パワー!人類みな孫、MAGO…)
 要するに。血のつながりは大事にしねえとナ!とひときわ感じた一日だったっちゅうことです〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なむあみだぶつ〜。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる