平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 不運よいつまで続くのか。

<<   作成日時 : 2015/10/09 14:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 銭湯にいったの初めて〜という記録です。あと「さらなる悲鳴」な!
 温泉体験はさすがにあれど、公衆浴場だいだい大好きィ〜!ほどでないわたくし、趣味で銭湯!とか、大きな湯船でのんびりしたい〜!てな野望はいままでなかった。ぜんぜん。このたびだってやむなく、です。
 風呂なしの男子とおつきあいしてた時期も、え〜とかいってただけ。収入の少ないひとが家賃の安い部屋に住むのは当たり前なので責めはしなかったけれど、
 なんつうか…男女関係なく「ともに!」願望が欠落してるんでえ〜。
 一緒に行動することでとくに愛情が増えたり確認できたりしない。よって、時間や空間をとりたてて共有したがらない。望まないのに機会が多く降ってくるわけもなく→ 孤独への道を邁進!!!という。
 津村記久子さんの『二度寝とは、遠くにありて想うもの』の「ひとり飯」んとこなど、ひとりでかわいそうとかともだちがいなさそうとおもわれるのはしのせんこく、な若いひとには私の暮らしはさぞや…と感じ入ると同時に、
 それじゃ生きてられない!とも考えましたもん。やだわ〜つまんない〜って。
 こちとらたいていの「楽しい」行為は「ひとり」ですることなんだから。複数でできる状況でもひとりでやりたいとか思っちゃういきおいなんだから!
 と、大幅に横道へそれましたが、ひとりでも何人でも、これまで銭湯にいきたいと願うことはなかったのです。(かえってわかりづらくしちゃったネ〜悪い悪い!)
 お風呂自体は好き。好きに決まってます!「日本人には風呂がある」って(前も書いたけど)いまも唸る名コピーだしィ〜。からすの行水ながら、ぱあっと入って出てくる風呂愛も存在するのだ!といいたいところ。
 たいがいのひとがそうであるように、いわゆるユニットはきらいで(高級ホテルや家賃50万円以上の物件についてる8畳くらいあるやつなら別ですが)肩までつかると足がでる的サイズもできればご免こうむりたい。
 なんならオートロックよりバストイレ別を選ぶ人間です!不思議ねえ〜24時間のうち1時間すごすだけのスペースなのに〜(ワイは30分…)
 え〜そんな大切でいとしい風呂だってえのに!!!日曜夜からいきなりシステムの電源が入らなくなり、入浴どころか家事も洗顔も真水でやるはめに。
 以前も涙目で書いたけれども、給湯器は10年程度の寿命だそうで。一身上の都合によりその補修および買替えは居住主である自分がしなければならない環境、
 前回の修理時「部品交換で済むのはコレが最後ですよ」といわれたことも加味すると、いよいよきっときっと全取替え!!!てことは〜??? ウン十万円の〜出費!!!
 そんなお金ないっての!!!5月に医療費めっちゃ払ってんのに!!!首くくるしかない…と今年何度目かの思いがよぎりました。
 ほんとにさア〜義務教育中の児童10人にひとりが貧困家庭ってのも無理ない話ですよ。おとな1名毎日働いて(残業までして)
 病気にもなれないって!風呂にも入れないって!子どもなんて育てられるわけがありませ〜ん!!!
 (私がシングルマザーならとっくにとうに無理心中…は許せない派なので、ひとり死んでたわい!この子をなにとぞよろしくお願いします…)
 政権を憎まずにおられようか!RECさんじゃねえがアイツがすべて悪い!逆恨みとか八つ当たりじゃなく、あれが総理になってからいいことがひとつも!ない!!!
 いいことがなければ、自然に心は殺伐とし他人にやさしくなどできません。貧乏してると死ぬんやで??? この人殺し〜ッ!!!(誇張でないのが現実のおそろしさ)
 と呪詛の言葉を唱えていてもお湯は一滴もでてこない。「できるだけ〜修理で〜済ませたくってえ〜」と下手に出つつ(だからどうなるっつうもんでもありませんけれども)ひとまず出張予約。
 翌朝きたメーカーのおじさんはちゃちゃっとみて「これはもう交換しかないですねえ〜」と気の毒そうな声を。高いですもんね…。高いです…。
 ネットの激安給湯器(80%オフとか。あれどんなマジックなの???)にふらっとくるも、おじさんにも親にも大反対され、純正の機器を純正の代理店から購入することになりました。見積もり35万円!!!
 ね〜こういうのを頭に入れないといけないんですから!や、ほとんどのひとは入れてるんでしょうけど、私はバカだから初期衝動のみだった。予期してないところでまじでいろいろお金がかかる!すっごいかかる!
 ハア〜。無駄に終わった半日と翌日大金を払わなければいけない憂鬱とで鉛と化した体をおして、出勤。
 そして、連日お風呂に入れぬ辛さにたえきれず近所の銭湯に…!てえ流れだったのです。残業後にな。
 はたしてそこは想像よりはるかにドライでクールなところで〜(実際はウエットでホットだが。なんちて)
 パンチパーマのおばちゃんにタオルばち〜ん!とかやられ「アンタそこアタシの場所だよ!」などと怒られたりするのを想像してびびってたけれど、ンなのは赤羽(イメージ上の)だけらしく。
 20代前半の女子が続々ひとりでやってきては(風呂なしなのかな? ユニットなのかな?)さくさく用件を済ませ(とはいえ460円分はきっちり楽しむ姿勢で水風呂もジェットもサウナもまんべんなく味わい)3分10円のドライヤー使ってちゃちゃっと髪を乾かしお化粧直して帰っていくのでした。小気味いい!タフ!がんばれ!
 がんばれない私は翌日午後2時間近くがたがた工事してもらい、無事装備しなおしたのですが。それにしても水回りのコストは高い。サインする手が震えました。
 トイレもキッチンもいずれと思うんでその際はよろしくネ〜と陽気にいわれたけれど、ひとつひとつが100万円単位…絶対無理!!!早死にしないと死ぬ!(?) 老後どころじゃねえわ!
 壁紙変えたいナ〜とかカーテンの柄も今度は〜そのうちキッチンの照明を〜ここぶちぬいて〜な〜んて楽しみは捨てるしかなさそう。夢見がちな人間に明日はありません!(夢見ても見なくても地獄つうか)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不運よいつまで続くのか。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる