平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS メシ食うな?

<<   作成日時 : 2015/12/25 14:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 12/23(水) 天皇誕生日〜(先の戦争に学べ、と今上天皇も述べられてますよ…!)
 S/S/A/Wはず〜っといきたいところだったのでした。レストラン、というよりフード研究所なのかしら。写真みて勝手にぽわわ〜んって。
 体にやさしいとか添加物どうのをキーキーいいすぎるのは苦手だけれど、純粋においしそう!きれい!素人には作れないに決まってる!な感じにぐっときてたもので。
 しかし。なかなか。月半分の週の、週末だけ。ランチだけ。となると、わりと近いにも関わらずあれよあれよという間に12月のエジプト塩食堂もラスト週になっており。
 人間いつどうなるかわかりません。いかねば!!!23日なら午後新宿でEのイベントだからちょうどいい〜と思いついたのが数日前。
 行列(てか売り切れ)必至!らしいんで、11時半開店…てえことは〜10分につけばいいか〜と部屋を出て、駅から1度方角を誤り、いっけね!正しい道を早足で進んでゆくと前方に10名ほどの人だかりが。あそこだ〜!ゆうて実際は11時15分に到着したらば。
 私の顔をみて行列の整理担当(メモもとってた。采配を考えてらしたのでしょう)の男性が「ハッ!」という表情に。え…???
 「…おひとりですか?」「はい!(この雰囲気…さてはギリギリ →たったひとりぶんですアピール!)」と答えると、さっとお店に入り、もどってこられたのち「お客さまで本日のランチは終了です。1時間半以上ここでお待ちいただきますが、よろしいでしょうか?」とおっしゃる。
 ここで?? わけても寒い日に??(寒暖計は7度!) 立ちっぱなしでひとりきり?? の思いがかけめぐり、
 「喫茶店で時間つぶして…とかはなしですか…」とたずねましたら「いなくなるかたがいらっしゃるので。すべてのお客さまに待っていただくのです」とのこと。
 そうか〜。よし!「待ちます!」と同意にチェック。「ランチ売り切れました」の看板も同時に立てられました。が。のち数分で次のお客がやってきて「最後尾はこちらですか?」って〜。
 以降何度となく続く試練がこれであった…!「私で売り切れ御免事態」は過去何度も経験しており、基本、ひゃ〜ラッキー!なのだけれど、つらいことも存在するのを思い出しました!
 「ここ並べばいいんですよね…?」と聞かれる役に自動的になるわけヨ〜。「ええ!もう終わりって話ですケド!」と高らかに言いきれればいいのだけれど、あいにく当方は気弱。たとえ悪態つかれなくても、死神役は地味にくらいます。
 くわえて。「売り切れ」看板みて顔色を変え「待っててもダメなんですかッ???」と尋ねられるのも私。
 スーツケース転がしていかにも<チェックアウト後そのまま参上!>な雰囲気でやってきたひとに簡単に「アウト!」はいえず、「一応お店のひとに聞かれてみては…?」としどろもどろで告げることも幾度か。(実際「明日の朝東京を発つんです…!」とつめよる女性もいらした。ワイ遠慮するべきだったんやろか〜)
 そのうえ。ヒトケタ気温に棒立ちっつうフィジカル面でのつらさ!!!
 複数名なら交代でコンビニいったりできますが、咳をしてもひとりの身にそれは…(うらやましかったのはあたりに住んでるっぽいご家族で…や、車で来てんのかもしんないけど…パパと子、ママと子で40分おきくらいにバトンタッチしてんのよ〜慣れてるつうかなんつうかア〜)
 都築響一氏の『圏外編集者』を持参して大正解!!!読書に励め(時間つぶしもでき)非常〜によかったんですが〜。
 (おっもしろいわよう!現役大手出版社勤務編集者には向いてないけど →disが多いから 貧乏でも楽しく暮らしてる…のに世間に責められてる気が常時する私みたいなひとなら短期間とはいえ確実に気が晴れる快作!若いアーティストには最高おすすめ!同年代や成功者を斬り、政権や世相の悪口をさらりといい、次々版元から「音信不通」にされる →何度も登場する「で、音信不通(笑)」がおかしい〜
 大編集者にして木村伊兵衛賞受賞写真家です!ご本人がヒップホップに生きるロードサイドのひと。新しいツールを否定とかぜんぜんせずむしろ乗っかってってカッコイイ!インディー!できれば口述じゃなく『TOKYO STYLE』から追って著書を読んでほしいとは思うけど)
 ホラア〜ひとは寒さで死ぬっていうじゃな〜い??? それな!!!途中猛烈に眠くなってきてえ〜店の前だし死を意識はしなかったけど、いつしか眠気で読書どころではない事態になったりなんだり。
 (死者を出したくないためかお店から白湯が提供される時間帯も。えらい配給&炊き出し感だったわ〜)
 そうこうするうち13時近くに。まじで1時間半待ってるじゃん!!!はたと気づけば、Eの同窓会、間に合わないのでは??? 13時半開場、14時開演…だよね…。
 この日のイベントは「同窓会」と銘打つだけあって、E学園とか修学旅行(なにいってるかわかんないでしょうが〜)の参加者が集って〜ビデオとかみて笑う会らしく。なんと年度ごとにグループわけして座るとか!
 同窓生にはさぞかし楽しかろうが、私は一切未経験!詳細知ってりゃチケットも買わなかったんだけど、百人一首のごとくおさえちゃってえ〜(バカ)もとから「買った以上いくか〜」みたいなテンションだったのです。きたことないひともウエルカム!おもしろいゼ!てYも再三再四いってるし〜つって。だがしかし。
 もう、いまや心底どうでもいい…!!!完全に興味を失いました。
 (思えば寒さで希望が大幅に剥奪されていたような。八甲田山!)(チケット代3000円と手数料と発券料とシステム何とか料と〜あれこれすべてがドブに散った瞬間です)
 なにしろ「これからほんとにお昼を食べられるのかもわかんない」のに!「駅に戻って乗り換えて新宿駅西口を出てどうたらこうたら」なんて!
 無理無理!絶対無理!!!考えるだけで疲労倍増です。難民のひとはえらいな〜遠くから〜知らない国に〜命からがら〜。私は寒くておなかがすいてるだけで新宿にもいけないよ…。
 とネロになりかけたところで、天使のラッパが!「お待たせしました〜!!!」店内へ!やっと!!!
 中略しますが(察するに1日30食前後しか作らず、店内を2回転させるだけぽい。外で待ってたチーム13人がほぼ同時に入店できて満席になったので)(そら数えるヨ〜2時間近く待ってたら〜やることねえし〜)
 ほどなく、待ちに待った本日のランチプレートがお目見え!!!
 クリスマススペシャル!!!見た目がとにかくすさまじかったです!着色料など使わなくても野菜はこんなに赤!緑!白!パワーみなぎり、美しい!ビームが出てる!
 味は、なんだろう…もうおいしかった!としか。言葉にできません(→料理に詳しくないから)。分野としては無国籍料理なんでしょうが、そんなのどうでもいいじゃん!みたいな域。
 いろいろ凝ってるご様子で、細かく説明してくださったお話をほとんど覚えてなくて平謝りですが、材料も調理もめちゃくちゃ気合入ってて、それ以上の結果も出してるのがばっちり伝わってきました!!!
 ときは15時近く。イベントは100%無理だし、次のグループが待ってるわけでもない…スペシャルとブイヤベースだけで充分ボリュームあってスーパーおいしく大満足だったんですが、
 ここまできたら!えいままよ!!!スイーツもいただくことに。こいつもうまかったナア〜。
 ふあ〜!!!と思わず音にしてため息ついたら「?」という顔をたかはしさん(料理人)にされ。「いや、おいしかったな〜って!」とあわててつけくわえると「おいしかった??? (よかった!)」って。
 料理上手の笑顔のなんたるキュートさ!全員つるつるしてんのにも感激!働きたいひとが働くホテルのように、ここで料理したいひとが皿を供する場所。
 断じていい意味でですけれども、「よしもとばななの小説に出てきそうなレストラン」でした。手間かけて〜コストとかわりと無視で〜熱狂的なファンがいる感じバリバリの〜。待った甲斐があった!
 食育とかよくわかんないし、インスタントラーメンだっておいしくいただける自分に語る権限はありませんが、
 毎月通うひとの気持ちもうなづけ、新幹線に乗ってくるひとがいるのも納得!の吸引力でした。一度も買ったことないし魅力がいまいち理解できなかった「福袋」に正月早々並ぶひとのメンタルって、もしかしてこういうアレなのかも。
 忘れがたいので来年またいきます!!!今度は11時には着くぞ!フンガー!!!(今回10時半すぎには行列ができだしたらしいからよ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メシ食うな? 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる