平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS デザートはゆり根のモンブラン!

<<   作成日時 : 2016/02/04 16:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ご飯を食べるって大変なことなのよ…とは昔からいうけれど、いまや単なる現実。終わりなき日常。それにはいろんな側面からのバージョンがありますが、週末のは「根性いるやつ」でした。

 1/31(日)
 早い〜。もう2016年もひと月終わりだってよ。
 この日は師走にぎりぎりラス1ですべりこめたエジプト塩食堂1月最終日。2月は第1週のみで所用にて無理…と〜いうことは〜しばらくいけない〜逃したくないチャーンス!
 恒例のTさんとおしゃべりデーでしたが、いく!といってくれたので、早め早め行動をし(だってさ〜2日前の金曜はウィークデーなのに11時半の開店時にランチ終わってたってんだもん〜)10時20分目黒線ホーム集合!Tさんはなぜかもっと早くついてくれ、計画よりさらに一本早い電車に乗れたのです。
 で、西小山下車。もう迷わない…!一路S/S/A/Wへ。週半ばまで「日曜は雪、極寒」の予報だったため微妙な心持だったけれど(寒空の下2時間近く路上で待つつらさを知る身ゆえ)まあまあ穏やかな日となり助かりました!
 にくわえ。今回は前のめりの姿勢が効きなんと2組目!一巡チーム〜。学ぶって大事ねえ…(当然ランチは開店と同時に売り切れ)
 とはいえ、そこから入店までは1時間ほどかかり。おしゃべりしてりゃ無問題ですし、着くなりよしこさんに会えたもんだから(搬入をみただけだが)(ちょう感じいいひと〜。かつ好きな顔!)早起きならぬ早着は三文の得!を実感し〜。この日はん〜やっぱりできればひとりじゃないほうがいいネ〜とかもしみじみ。
 自身は近い将来ひとりでもくる予定ですが、ごくふつうのメンタルの方にはまったくお奨めできん!ここのひとり飯は(→何度もひとりひとりいってんナ)
 Tさんは京都から帰ってきたばかり(大阪凱旋ついでに一泊キメたそう)。待ち時間に話をきき、自然といきた〜い!気持ちがむくむく。っても〜松本も盛岡もいきたいし万平ホテルや金谷ホテルにもまた泊まりたい…。
 いやいやいや!規模は小さくとも、エジプト塩食堂もそっちの感動の一種だから!今日は今日のトリップを素直に満喫せねば!
 これ以上ひとが集っても誰のためにもならないし、僻地日記でいうても〜ですが、どなただって食べたらわかると思うのです。その「旅具合」を。
 当方特段舌が肥えてもなく(味オンチでもないけど)食レポ語彙が少なすぎて、ねねね、おいしいでしょ?? としかいえないのですが、ここのご飯食べて「なにか考えずにられない」ひとはいない、はず!
 有機とか生産者の顔がみえるとか以外の話で、「おいしい」ってしょっぱいとかからいとか甘いだけじゃないんですよね。
 八百屋でほうれん草を、あるいは豆腐屋でできたてのお豆腐買ってきて、つゆのもとかけて食べればおいしい。間違いない。あるいは久しぶりに食べるチキンフィレサンドのうまさときたら。ペヤングだって赤いきつねだって、ほんとのほんとにおいしい。
 だが。それとは別次元の贅沢な味を「実現」できるひとがいる。というのを理解できるのです。
 元気をもらうとか感動をありがとうとか、そんな言い回しがはびこってはや20年以上たつけれど、私が最初に「お!」と思ったのはchara。
 買ったDVDのコメンタリーで「(わたしが)…感動したいの」とやや考えたのち彼女は決心っぽくいったのでした。
 ライブビデオだったからライブについてなのかもしれないし、歌うこと作曲すること、あるいはすべてにかもしれない。当時とても好きだったゆえの「ひとしお」もあろうが、メッセージとか衝動がとかより断然信頼できる…!と非常〜に心に残ってて。
 その、そう、あそこでいわれたところの「感動」だ!と、これは。12月、たった一回ご飯食べただけで!
 すごくないですか??? 宗教がかってるとかじゃなくて(宗教がかったひとをどうこういうつもりはないですヨ〜 →コンプライアンス的配慮)料理って…。
 食べ合わせで痩せるとかクレンジングとかアレルギーとか。食べ物は体に入るし作るから、もちろん科学的なあれこれも納得したうえでですけど、
 ここのご飯を食べたたひととそうでないひとは、なんか決定的に違ってくるんじゃないか。もっと広い部分で。絶対に!(「なんか」とかあいまいなこといいつつ「絶対」とかつけてどうかしてるっぽいが)
 な〜んて熱く語ってしまえるのも「2度目」がゆえ。だってだってえ〜Tさんも「なにがどうとかよくわかんないし、上手に説明できないけど…おいしいのだけははっきりわかる!」と放心してたしィ〜。
 初体験の驚きだけじゃない!ふだんの食生活がひどいせいだけじゃない!そんな根拠に基づく今こそ!「特別さ」を公言したいのです。
 インスタでは「ひさしぶりの和なプレート。山田ファームさんの絶品酒粕は菊芋の和え物に。桃山大根の糠沢庵はとんぶりと混ぜごはんに、中本さんのピチピチの鯖は秋刀魚アンチョビで春菊ソースに。星さんの切り干しはコンカリーマリネに。白玉おからも密かに人気でした」とかかかれてご参照くださいって感じですが、
 素材もだけど、味付けなんだよナやられるのは。調理ネ!まったく推理できないこっちはなんもいえねえけども。とにかくすごいんだよ!毎週違うの作ってあのレベルって!
 ひとつひとつのお惣菜が5種くらいの層でできてて、どれにエジプト塩かけても美味。隣のおかずと混じってさらにおいしくなるなどなど…魔法!!!
 そうそう、魔法ってさ〜。べつにライブみなくても、かかるときゃかかるやつでしょ!(いまから言い聞かせか)
 生活のいたるところにヒントはかくれてて。これまでの実人生上も、ほわわ〜ってなったことのほとんどがなんちゅうか…「複合」だもの。ハプニングの大きさ華やかさより、こっちのコンディション…天気やら体調、おなかがすいてるとか眠いとかが影響してたり。
 偶然と必然がああしてこうして〜の!「マジック」だからア〜。あんまこう…無闇にイライラしたり全力尽くしたりしないでおこうと。
 Tさんの仕事探しもそんな感じぽかったし。それでいいのです〜それしかないのです〜。
 なにより自分のハートとフィジカルの健やかさを優先したい!どうにもならんことでもやもやするの、あのひとの件だけで10代20代充分やったし。それでもうまくいくときといかないときがあったわけだし。よし!(自己完結)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デザートはゆり根のモンブラン! 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる