平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 服どこで買ってんの〜?(きかれたのひゃくまんかいめ)

<<   作成日時 : 2016/02/18 17:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 会社に友達はいますか? (ふぞろいっぽい)
 私は、ほぼいません。ふつうに会話するひとは点在するが「これを友達とはいわないよな」って感じ。
 しかしさみしいと思ったこともあまりなく。なぜなら6人にひとりくらいの割合で面倒なひとがいるから。すごい確率ですヨ学校とかより完全に上。あのころは10人にひとりとかだったような気がするんだけど。
 年取ってこっちが偏狭になったせいもありましょうが、へんなひとが多い会社だよな〜と日々新鮮に感じており、まともなひとほど辞めてしまうので、その濃度は高くなる一方。
 とはいえ。イヤでも関わらなければならんのが仕事上のつきあいてえやつ。学生はいいよね〜近寄らなきゃいいんだもんね〜。
 話通じないひとわんさかだし、常識を疑うようなのも、ひとを傷つける物いいを平気でする輩(加害者が不安定な感情のときに、なので防げない)も数知れず。
 やめるしかない…と思いつめる9割が人間関係。というか「関係」すらなく「あのひとにあいたくない!金輪際!」って積み重ねの先だったり。
 なので。ここ10年わたくしの学びと実行は「よくもわるくも他人に深入りしない。期待しない。迷惑もかけない」であります。親身になっても無駄どころか自分の首絞める羽目になっちゃうんだも〜ん。なにが絆よネ〜。
 というのと。説明が難しいんですけど、ときどき異常に依存? 束縛?? するひとと出会ってしまう一身上の都合もあって。
 これは遠く小学時代からですが、なんだろうなア〜?? とくに同性なんだけど、
 (異性も一応は。美大卒の芽が出ないサラリーマンとかでえ〜きっついでしょ〜??? 私はアートに理解深くもなくアーティストだからって点数上がったりもしないのに、給与明細渡されて「僕の奥さんになるひとはこれでやってかなきゃ」といわれたり→ふたりで出かけたこともない間柄で 「女の子がそんな口の利き方するもんじゃない」とか髪や服があってるあってないとかサア〜まったくコタエないんだけど〜そんなガイキチの感想〜。あとべつのひとには最寄り駅で何度か待ち伏せされ「つけてきたわけじゃないから!」て大声あげられたりも。ぜんぜん関係ないところに住んで働いてて、ばったりの最初がその台詞って!クロだろ!)
 そっち系の女性はですね〜たいてい「うれしい!!!友達になれて!!!」みたいなテンションから始まって、そんな盛り上がることかナ〜とか思ってると、
 なんとかちゃんと会わないでとか私に先教えてとか、今どこにいるのとか私たちだけの秘密ねとかなんで誘ってくれなかったのとか絡みはじめる。いまでも時折現れる。ひどいダメージ。いくつになっても慣れません。
 恋人じゃないからすぱっと別れられないし、いちいち断るほど正直多忙ではないし。しかしささやかな毎日をドス黒い気持ちで過ごしたくないため(このテに煩わされるくらいなら「友だちゼロ」のが100倍マシ!!!)
 結果。と〜っても慎重になってしまったわけです。他人と親しくなる際に。
 つうか〜それが〜。今回わかった!こっちから距離つめていけるんだ!ちゃんと!やりたいひとには!
 先日、他部署の女性とご近所ってえ縁でごはんを食べたんですけども。師走の親睦会で名乗りあい、まあまあ話があいつつふれあいもないまま、いつかの帰り偶然同じ車両で乗り換えも一緒!「同じじゃん!」となり。
 会社から駅までの間、彼女は自分の部署の困ったひとをdisり続け(私も泣かされたから禿同)流れで(そういう事態を回避するためにも)「お昼は基本ひとりで」「部署の女性の連絡先一切知らない」「そもそも誰にも興味ない」と社会生活不適合者のよ〜なことをいいつのっていた自分…(正当防衛よ…あそこはそういう場所…)
 その後、年明け早々開催された「決起集会」にて(そんなんで本が売れるか関係ないネに3000点!だけど〜親の葬式でもない限り休めない。お社長の思いつきで動く中小企業だもの)
 「こないだごめん〜グイグイくるひと苦手っていってたのに、相当グイグイしてたね私」といわれ、はッ!
 悪かった!「いやいやいや、そんなつもりは…トラウマがあって〜つい〜」「めっちゃ防御してたじゃん!代官山のトンネルのなかだけで2回はいってたよ!グイグイくるひとヤだって」どひ〜。
 失礼しました〜てんで、こちらからさっさと携帯番号を知らせ(「逆に新しい」と驚かれましたが、LINEやってないもんで。流出OKの狭い交友関係に自信はあれど鬼より怖い「面倒くさくなりそな予感」がどうにも私を留まらせる…)
 一通りやりとりしたあと「お昼は合わないじゃん?(時間が。帰宅時間もまったく違うし。だから一度しか遭遇してないわけで)休日地元でお茶しよ〜」と誘ったのです。こっちがグイグイな!そしたら「ご飯のほうがいい!」って。
 かくして1週間後には駅で待ち合わせ。祝日ゆえか町は大賑わいで3軒目にしてやっと席にありつけ、食べて食べてしゃべったしゃべった!楽しかったです!
 はっきりいって人種はまったく違うんだけど(彼女は黒ずくめで細身のパンツにでっかいサングラス。運転上手そう〜な感じ)「がんばってまで<世界>から好かれなくていいんでえ〜」ってスタンスのひとすげえラク…。
 (友だちいっぱいいるから会社のひとに気に入られなくても平気、とかいい切ってた。友人の多いひとはそういう考え方にもなるんやね…)
 悠々実家暮らしであっちのほうの戸建てに住んでて(あっちってどっちだって話ですが、やっぱどの町でも金持ちカルチエと庶民のそれがあるんで〜)、
 でかい犬と小さい犬飼って、こないだハワイで50万使っちゃった〜テヘペロ!とか。もろもろ景気いいトークをひさしぶりに聞けてこっちまでアガったしだい。
 憧れてないワールドならば、どんな高みにいても素直にイイネ!つって耳にするだけでお得気分になれるんだナ。引きずりおろす系の話題はとにかくあかんど〜お互い不幸になるワ〜。
 移動した先でも話し続け、彼女の「美容院の予約だ!いっけね!」のひとことで解散〜。ショートヘア同士「月イチで切らないと気持ち悪い」のちょうわかるし〜(当方はマネー上の都合で1月半ですが)。
 またご縁があったら茶でもご飯でもすりゃいいし〜しなくてもいいし〜て温度で、
 帰りがてら、いきたかったカセットテープ屋にも(一時期ツイッターで話題になってた店。ショップとしてもだけど、ライターの文章がどうのっつって。わからんでもないが「とにかく文章がヘタ。吐く」とか「謎のネット情報の切り貼り」より断然マシじゃね? と思いました当方は)。
 カセットがもちろんメインなんですけど、古本屋として!一瞬で好きに。オリーブとかポパイのバックナンバーあんだけ揃っててむかつかない価格だなんて…!!!
 かっこいいんだけどおしゃれすぎず、映画のパンフとかも少量ながらいい塩梅にメジャーなのが揃ってて(ゴダール、ロメール、アメリカンニューシネマみたいな)
 ぱつんぱつんのスーパーの袋さえなければもっと長居したかったわ〜(野菜生活とか入ってて〜重いわ生活感丸出しだわ〜)お店のひともお客さんの層もバツグンによかったです!(シモキタではこうはいくまい)
 悩んだ末、購入したのは糸井重里の『ペンギニストは眠らない』の単行本。文庫しか持ってなかったから。このころのダーリン大好きだったんよ〜若者たちの神々とかも揃ってたナ〜欲しかったわ〜またいくわ〜。
 イエス!いい休日であった!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
服どこで買ってんの〜?(きかれたのひゃくまんかいめ) 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる