平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 海にいくひと、山にいくひと。

<<   作成日時 : 2016/09/17 09:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 9/10(土)
 先月は日程があわずいけなかったル・ステュディオで『渦巻』をみてきました。の前に〜こちらもちょっとひさしぶり、病院カフェへ。あいかわらず居心地よかったわ〜静かで地味で。
 メゾンエルメスも派手ではありませんが、「拒否」&「排他」込みの落ち着きだから。映画ひとつみるのにかなり厳しいセキュリティだし。百万円するものとか商ってればそりゃな〜だけども。
 さておき。この英国映画、浅学のため存在も知らなかったのですが、とてもよかった!
 25才の(いささか「すぎる」ほどに)「自分の選択を正しいと信じ、突き進んできた」野心家女性ジョーン(幼女時代からのちゃっかりぶりも冒頭1分うまく語られる)は大企業の社長(父親世代)と、親にも事後承諾で婚約し、
 彼の待つ(ウエディングパーリーをする)島を目指し出発するも(遠い!寝台車一泊、グラスゴーで一泊&フェリーに乗り換える〜的な)最後の最後、島が見えるところまできて!悪天候により足止めをくらってしまいます。
 富豪らしく旅立ち時に婚約相手は身支度すべて整えてくれ、すってき〜なウエディングドレスも。乗り換えポイントでは下請け会社社長や部長らが厚くエスコート…やはり結婚は経済力ね〜フフフ!私ってクレバー★なヒロインだけれど、計算どおりいかないのがお天道様。
 当たり前ですが、大風のなか渡し舟は出せんと船頭に断られる。ここらの嵐は1週間続くときき、いらだつ彼女。まあまあととりなす住民。
 とともに、移動仲間で、どうやら島の地主の息子らしい青年がなにかにつけ親切に地元の集りやお祭へと誘ってくれるのだけれど、
 ヒロインは待てど暮らせど回復しない天候に怒髪天!!!
 その実いえば。滞在中、お金第一!そろばんずくの自分がゆらいできてるのです。村のひとたちは低収入でも楽しく助け合い、身の丈にあった暮らしをし、不満もなさそう。1日2日船便が出なくたってなんなんだっつう調子。私の選んできたことって…???
 そしてもうひとつ。出会った青年と親しくなるうち己の気持ちが…これは…これは…一刻も早く結婚してしまわなければ!!!
 そこからの文字どおり『渦巻』!!!海の渦巻!心象の渦巻!うまい!!!
 わきも全員いい味。画もファッションも素敵。あっち特有の成人男性のキルトスカート姿もグー。古い映画だけれど、エルメスのキュレターさすがだナア〜。
 ところで。この日隣の女性2人組(50代後半〜60代)の私側のかたが、上映前バルセロナだナポリだのいってまして(フットボールではなく旅行&グルメトーク)その話が失速したところで、
 「私、悪くいいたくないんだよねえ〜ゆりちゃんを!」と言い出したんです。
 内容は完全にギャルでも声質と横顔はそうでもない…加齢学習…などと感じた矢先の「それ」だったものですから、ゆりちゃんなる人物は「華やかな」女子大生時代の登場人物だろうとふんでたら、なんと現都知事!!!
 「87年、ダ・カーポで取材を一緒にされたこともある」んですって。87年という絶妙な数字、ダ・カーポの誌名、その後30年、掲載者がエルメスにきてること。すべてが!ちょう!「ぽい…」と無責任に感心していたら。
 「すっごくかわいかったんだから〜ゆりちゃん!今は丸くなっちゃってアレだけどさあ」って!(もちろん即反応 →さりげなく顔をちら見しましたが、どなたかはわからんかった)
 私はゆりこを相当嫌いだけれども、「丸い」はどうか。あの世代であれは「いちばんいいやつ」じゃなかろうか。
 お察しのとおり、ご婦人はガリガリ、足とかトリガラでご自慢なんだろうが。ん〜どうかな〜50すぎのやせすぎは。な〜んてまた大きなお世話マインドが…!(そんなだから渦巻にのまれないんだよ!雑念が多すぎる!)

 9/11(日)
 Tさんとの定例おしゃべり会〜。彼女は午前中髪を切ってまして(同じサロンなのヨ〜)そののちこれまた同じ担当さんお奨めの「filtopierre.」へ。
 カフェ前で待ち合わせたのだけれど、一本道間違った〜つってて〜わかる〜私もあのへんはいまだに見誤っちゃうもの〜。とくにランドマークのない閑静な住宅地ゆえ(ガーデンプレイスとGTプラザで方角はわかるのだが)かなりの迷宮地区。だからこそ!お散歩に気持ちよくて。
 ヘアサロンへ頻繁にいくのも道のりが好きだからが大きいんでした。今回は早足+迷ったのでTさんはあまりいい印象を持たなかったかもしれないけど、だとしたら残念無念…!(とはいえ案内すべきなにかがあるわけでもないので再訪はしてくんなくてかまわんが)
 お店は非常〜に素敵!!!で。古いマンションの1、2階がアンティークショップになっており(一般人には引け目感じる敷居の高さ(2階は確実に恐ろしい!)
 3階のカフェはランチ要予約!つうだけあって、ほんと〜に丁寧に〜きちんとひとつひとつ作ってくださいまして。まあ〜おいしいチャパタとサラダだったことよ。
 チャパタの焼き加減!サラダのゆでたまごの半熟ぶり!プロの仕事です。店内半分にはヨーロッパのアンティーク雑貨が置かれ、100点満点のおしゃれさながら住みたい心地よさもあり。
 そんな空間で(出てくるのに時間がかかるから自然ゆったりと〜)ひそひそ声にて思い出すままそれぞれのトークイベントの雑感など。
 Tさんがまたまた旅に出るときき、え〜お金持ち!とかネ。自分をみつめなおしたいようですよ。そうね〜ひとりになりたいときあるよ〜ぼうっとしたいときも。
 私なんてひとり暮らしなのに年中ひとりで行動してるからね〜「したくて」。ぼうっとは誰といてもだし〜(余計な考えごとばかりで肝心なところに気が向かない系)
 あと、こう、なんだろ、そのひとの心根のよしあしに関係なくとんとん拍子にいくひとといかんひとがおるナア〜とかも。Tさんも私もまったくね〜てのがこの日まるごとの感想でごわす!(なんてこといってるから)
 お店を出て目黒まで(私には日常の徒歩距離だけど)歩き、ふたたびぎりぎりまでおしゃべり〜てゆか移動中もですけど〜労働や読書の話をいっぱいしたしだい。
 感覚の近いひとと話すのは楽しいナ〜。逆いうと遠いひとなら無言のほうがまし。
 あ、彼女がこの日貸してくれた『 メメントモリ・ジャーニー』を絶賛読書中なんですけども、スーパーいい!!!これはいい本!!!買っちゃうかも〜自力で。
 メレ子さんは最高に賢いひとなので、同じカテゴリとかめっそうもない(目の前にいたら緊張でチビる)けれど、
 「子どものころから先細り」「いつもここじゃない、し、移動先でも落ち着かない」ひとの文章の支え力ときたら。こんなひととだけつきあっていければ人生悔いなし!です(接触だけなら誰でもいいが、関係築くのは、ネ〜)
 繊細とか悲観とか根暗な資質って案外パワー化して遠くまでいけるよな〜とかなんとかも。逃避欲から、もっと遠く!違うところに!移動しがちになり。
 そしてそして。頭がよいのはすなわち人生を豊かすると!!ええしますよ!!!てのも確信。
 知識はあなたの懐刀!!!(知るほど己の限界とか日本人とか女であることの悲しみも身にしみてつらくも多々なるが、なにも考えないよりは。気づきも傷つきもせず搾取され続けるよりは…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海にいくひと、山にいくひと。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる