平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS 更新すること/しないこと。

<<   作成日時 : 2016/10/29 10:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 10/22(土)
 10月のおしゃべり会は渋谷の名店ムルギーにて〜。
 悲しいお知らせがあるの。と予告していた私だけれど、衝撃からある程度時間もたち、すでに悲しいより腹立たしい…を通り越してある意味笑える、が、絶望が大半、やはり悲しみかナ…みたいな感じで。
 悩みに悩んだあとだし、もはやTさんには「ひィ!!!そんなことあるの???」「信じられん!」とびっくりしてもらえばよかったつ〜か。
 コトの異常性が第三者から認められれば。状況は一切変わらずとも。で、充分疑われ怪しまれ謎がられたので。もう…(完全にうそ!まったくよくないけど!)
 あとは〜宮古島の思い出とか〜松本の話とか〜しあって〜。
 なによりムルギーのカレーを楽しんだのでした。家庭っぽいのもインディーもミールスも世のそれはすべておいしいけれど、「ここにしかない」「そう、この味だった!」てお店は別の文脈で偉大な気がします。
 スタンプラリーでもインスタ用でもなく、ムルギーのカレーが食べたくてやってきたお客さんたち。
 ひとは概してクリエイティブな職業(ププー)に憧れるものだけれど、ここに限らず私が働く姿に感銘をうけるのはもっぱらホテルと飲食ばかり。
 同じ客相手でも不動産屋とかは…悪徳に会ったこともないが(運転スキルには感心しきりだけど〜。目黒や世田谷のごちゃごちゃした道をよくまあ見事にいったりきたりできるなと。女性はほんとかっこいいよね運転うまいと。男性がヘタだと問答無用にバカにみえるし。こういうのジェンダー的にはアウトな考えかたなんだろうけどサ汚れたワゴンで華麗なドライビング!みたいなの何度わくわくしたか!)さほどでなく。
 ホテル業務にたずさわるかたたち(年齢問わず。若いひとには若いよさが、年配のかたには年配の尊さがある)をみると、いつだって「働きたい場所で働くとは…」を考えさせられ、まぶしさに目をふせてしまうのです。
 なりゆきも、いやいややってるひとも実際はいっぱいいるだろうに、なんなんでしょうか。オークラや帝国の、金谷の、万平ホテルの従業員から出る、ピカ〜!!!とした神々しい光。あれは。
 そして(いくぶん話は飛ぶが)好きでやってるんで〜つうオーラにあふれたカレー屋さん(たとえばムルギー、ハブモア、LANDなど)の、すんごい疲れてようが常におだやかでごきげんなさまにも、労働で対価を得る以上のなにかを感じざるをえない。
 いっちゃなんですけど〜企業で働くひとたちは〜ほとんどがイライラして楽しくなさそうで〜狭い世界においてのみ通用する上下関係に大きな意味を見出し、くだらない慣習を後生大事にするばかり。
 ああした<重力>から自由でいられるのは「好きな仕事をしている」ためだけなのか。いや、勤務先などとて相当「好きな仕事につきたくてついてる」ひとたちに満ちてるはずなんだけど。
 な〜んて話が蛇行してすみません!
 閑話休題。カレー後は乙友(もうこの言い回しもやめたほうがいいのかしら。卒業後10年、いつまでも学校ひきずってらんねえよな実社会だって新卒が30すぎるんだぜ)おすすめの東急本店・丸福珈琲へ。
 プリンを主戦場にする友情報のためそいつを食べたかったんですが、胃腸に自信のない折(精神的にすさみ薬物多量に摂取してっから〜)軽いスイーツのセットをば。
 味もなにもかもちょう〜どいい「デパートの喫茶店」!でした。過不足なし。マダムが多くてテーブルの間隔も完璧。店員さんたちの適温さ。
 で!Tさんのめでたい下見話などをや〜っと聞き〜(2件目で大事なことをいうんよ彼女は傾向として)
 自分が長子なのもあるけど〜完全に良かれと思ってんのよ〜おねえさんは〜と!(わたくしは弟に気のきいたプレゼントを折々贈ったりなぞしてないが)ここでようやく氷解したわけ!
 それしらなきゃたしかに不穏な行動でも〜世界にはなにかと贈り物したがるひとがいるわけじゃない?? しかも身内(たったひとりの妹)の祝儀とあっちゃさア〜。
 当日は他のおしゃべりに夢中でいえませんでしたが、いま!この場で!「悪気ないんだって〜やりたいようにやらせておやりよ〜」と記しておく私です。君に届け〜(Tさんのいい分もわかるけどな。いらないものってほんといらないし、土壇場までわかんねえから)
 まあでもひとまず寿ぎたい!
 当会で毎月(Tさんが話せば)その進捗状況をきいてたもんで、くるとこまできかたかっていう。今後も、そこに限らずいいことも悪いことも差し支えなければもろもろ聞いていきたい所存です。

 10/23(日)
 運転免許の更新のため鮫洲へ。
 都内に居を移して2回目ですが、こちらは初めて。前回は世田谷警察でやったのでした。
 野宮さんの教えに従い、写真持込を!てんで試験場に(駅の証明写真機でスカジャン着て撮ったやつなのだが。レフ版効果のハンカチも敷かなかったし。ハンパしちゃってごめん…!でも一応よく写るとうわさのDNPのKIREIを選んだんだからア)
 なにしろ都会のど真ん中にあるのと(神奈川の山の上と比べ)きれいなことに驚いた。向かいにはコンビニも。さすが首都です。ペーパー優良運転者なのでさくさくいくかと思いきや、登録までがやはりやはりの長蛇の列。
 免許持ちなんて幽霊部員、ほとんどがゴールド更新とたかをくくってたら、前後数人(ひまだからみちゃうのよつい)なにかしら(軽い失点など。スピード違反とか駐禁的な)かかえてらして、そうか〜「乗ってる」人が多いんだな〜と当たり前のことに感動する私。
 そりゃふつう運転目的でとるんだもんネ〜高価な資格を(私だって当初は。外車も視野にいれ、あろうことかマニュアルを!運動神経ゼロなのに!)
 第一関門がとりわけ厳しかったんですが、その間、7,8人うしろにニシジマ似で25歳前後の超絶ハンサムがいて男女年齢問わず折々ちらちらみててちょっとおもしろかったです。
 (自分もご他聞にもれず。一輪の花のよ〜に疲労ですさんだ人民に潤いをあたえてくれて〜あれが妙齢の美人だと違った問題が勃発するんで〜無自覚そうな男子でありがたかったことよ)
 申し込みさえ終われば、各種検査のみ。名前も住所も変わらぬ身、写真持込の旨伝えて最短30分の優良運転者用講義を受けるだけ。
 「女性警官の生の授業で終始」なのが新鮮でした(これまではビデオ流しっぱなしだった記憶…)
 その女講師がまた福島みずほっぽいっつ〜の? えらくがんばる系のひとで、私は応援の意もこめちゃんときいたのですが(何ページ、といわれりゃテキスト開いて)ま〜スマホみてるやつらの多さな!!
 最初に厳重に注意されたって、もうバカになってるんだよね。映画なら自分でみたくてお金払ってるメンバーだから2時間我慢できても(それでもしねえやつはしないけども)
 連続で「そこ!イヤホン!」「窓際のひと!」などと注意してらして、いまどきの教員気の毒〜と。
 そして。「遺族の悲しみメッセージ」(毎度泣いちゃう)の儀を経て〜待合室に移動。
 持込は優良クラスには私だけだったようで(ペーパーは年2度3度しかみないもんね)自分だけ呼ばれぬ憂き目にあいつつも、10分程度オシで無事拝受〜(なのでやりたいひとはやったほういいよ持込!)
 あとはバス1本で帰宅〜。快適でした(もとい!快適はいいすぎ。5年にいちどで充分)
 そうそうそれから。写真もどっこいどっこいであったと正直に残しておきましょうか。
 持込なら気合いれて化粧しなきゃだめネ〜目とかファンデ塗るとか。当たり前か。覚悟ができてるぶんマシですけども。渡された瞬間「!!」ドーン!てなんないから。レベル低い話してサーセン!美人道は遠く険しいよ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
更新すること/しないこと。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる