平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS おいしいもの&おしゃべり初め。

<<   作成日時 : 2017/02/05 11:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

画像

1/28(土)
まりさんと、新年会はここで!と決めてたスカンディアへ。
はるか昔、県民ホールで(たしか)ユニコーンをみたあと通りかかり「すてき!!だが、大人にならなきゃ…」と大いにビビッたところである。
見よ、このルックスを。いかにも開港以来変わらぬ本物感。なんちゃってレトロではまったくない。
日本や私に空前の北欧ブームが訪れる、そのずっと以前から、この姿、このやり方で営業し続けてきたのだ。
お料理もばっちりマイタイプ。肉肉しく茶色く味が濃い。ナプキンもお皿もマグも色合わせから材質までパーフェクト。いるだけでわくわくする空間だった。
ハマの美味しいもの情報はまりさんの習い事仲間マダムたちにご伝授いただいてるのだけれど、毎回ハズレなし。リピートも何度したことか。
「さすがこのあたりは横浜でも群を抜いている…」「中区住民のプライド高さもやむなし」と復路にしてすでに次を楽しみにする私だが、
それももちろんあるけれど、わかった。彼女といるからより楽しく、街が美しくみえるのだ。
出会って、ひっきりなしに遊んだり(夜遊びのため待ち合わせた深夜のファミレス。あえて出かけた浅草寺、東京タワー、上野動物園など)疎遠なときも、友人問題で距離をおいた時期もあった。
いまは第2位程度に密なシーズンだが、一方的な尊敬の思いは過去最高。
私は彼女のように暮らせない。ひとに対することもできない。誰が誰よりをいいだしたらきりないけれど、少なくとも私なら(おもしろ味つけは絶対に!するが)現状の愚痴を、泣き言を、5億倍いう自信がある。
冷静で、公平で、自分の行く先に「興味」をもっている。目をそらさない。かっこいい。
なんて手放しで褒め称える気持ちも本当だし、20年一日のごとく会ってベラベラ噂話し、ヴァンクリの展示会(にいった彼女のお友だち)トークや撮られ方のKUFUでiPhoneに別人認定されたってきゃっきゃするのも自然。
神奈川育ちとして、自慢されたいスペシャル地域へ定期的に通えるのをもともと役得〜ととらえていたので「いつも来てもらってごめんね〜」という彼女の恐縮にはこれまでも断固否定していたが、
なんのことはない、まりさんのとなりを歩くから日本大通りに歓迎され、向かいで食べるからそこのお料理がいっそう味わい深くなるのだ。
謝るどころか。あなたが横にいることが喜びなのよ。私のために時間を作ってくれ、なにを求めているか考えてくれるだけで。と唐突に閃いてしまった。元町中華街行きのなかで。

1/29(日)
Tさんとのおしゃべり会初め。東銀座のYOU 。
歌舞伎座を曲がるところで「めっちゃ混んでるよ〜」とメールがきたとおり、自分史上最長の行列…。ピークはすぎたとなめてかかってすまなかった。
しかし、ここのオムライスは特別なのでもちろん諦めなどせず寒空の下ねばった我々(つか誰ひとり離脱せず) 。おしゃべりしてれば大抵のことは我慢できるし〜。
店員さんに(都内屈指の有名かつ老舗喫茶店だが、京都のように「いかにも」なひとが働いてないのがおもしろい。なんとなく上野っぽいヘアメイクの女子ばかりで例外なく気立てがよい →取ってつけたアレじゃなく、ああいう感じの女性で性根の腐ったタイプ絶対存在しないじゃん?)
「素敵ですねえ〜銀座な感じ!」と【かわいいおばあちゃんより謎のクソババア化熱烈希望】にとっては確実に一歩前進!なお褒めの言葉をいただきつつ、
唯一無二のオムライス(飲み物というかヨーグルトに近い軽さ。卵より乳製品のテクスチャー)をペロリと平らげ、Tさんの望む便箋を求め鳩居堂と伊東屋へ。
そう〜いよいよなのね…って、私は身内でも彼女を小さいときから知る近所のおばちゃんでもないのでアレだけれども、いよいよはいよいよだ。
まりさんもだが、親しくなるひとみなあまりワーキャー騒がず血相変えず。楽で落ち着くからみてていいのだけども。
その後のお茶とケーキは凮月堂で。アフタヌーンティーのひとたちが羨ましくて仕方なかったので、今年中にあいつをやらかしたいなり。
おいしくて見目麗しいものの治癒力に頼る人間にはやっぱり都市よネ〜とかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おいしいもの&おしゃべり初め。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる