平坦に思えるほど緩い坂道を。

アクセスカウンタ

zoom RSS フォルム、それは形…。

<<   作成日時 : 2017/02/17 21:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

乙女といえば、手紙。
私はいまや完全に失格者だけれども、2017年現在、けっこう出すほうに入ると思う。
書いてて楽しいのもあるが、なんといってももらう喜びを知ってるから。自分が嬉しかったことはひとにもしなさいってほら〜小学校で習ったでしょう?
LINEをしない(いまさら参加する気ゼロ)長文体質。メールはネ〜という考えもなく(なきゃ生きていけないし、メールはメールでいいところたくさんあるし。こちとら一時期<メール美人力>で奇跡を何度も起こした女だから) さりとて電話も嫌いじゃない(今の若者電話苦手らしいが)
まあそんな「割と長めのやりとりが好きな人間として」手紙をとりわけ好きなだけ。
これはラジオ愛と通じるのかもしれないけれど、温度がいい。マンツーマン。メールもメッセージも1対1は変わらないけれど「実際に、いま手にしている。存在する。みえる。ここに」な点、格段の差がある。
なんせあなた、今の時代わざわざ手書き。瞬時にシェアして当たり前(しかもダーター)の世界で、一秒ではとても届かず、共有もありえないコミュニケーションが生き残ってるって。稀有。イコール宝!だろう。
と、前置きが長くなったけれど、そうはいいつつお昼の瀧氏の放送を聴くまで知らなかった、全国津々浦々の郵便局で販売される「ご当地フォルムカード」。
絵葉書と風景印の間…いや、両方兼ね備えた愛いやつだ。お近くの郵便局に、その地のものが何種類も売ってるのだ。知ってましたか? 私はノン。
たこ焼きのそれが大阪に出かけた友から届いたときの感激ときたら。
しのごのいわずまずはググってほしい。単純にかわいいのである。日本列島各地全種愛らしい。小憎らしいほどに。
誰にでも一発でわかる太い線で描かれたイラスト。ざっくり象られたご当地の誇りたち。と、そのチョイス!(一都道府県につき一種に限定しなかったの、たいした戦略…)
通販はせず、その郵便局の都道府県しか取り扱わないストイックさも好ましい。
蔦屋書店やスパイラルなどでは各方面から絶対売らないカードだけれど、巡り巡ってあっちよりこっちのほうが断然よくみえたりして。
グッドジョブ!日本郵便。機会があれば送ってくれる友達の好意にもニヤニヤしてしまう。
私は都民なもので(現住所も本籍地も)東京のをすでに2枚買ったが(雷門と上野公園。欲しかった東京タワーは近所の郵便局にはなかった)(送付済みなので上の写真にはナシ)みればみるほど育った神奈川のがイイ子揃いで実家に手を回したりして…。
神奈川。うすうす、いやはっきり思っていたけれども、非常に優れた県だと再確認したしだい。
鎌倉。横浜。箱根。山あり川あり海もあり。温泉もうまいものも歴史もたっぷり。豊かだよ相模の国は。見ておくれこのスカジャン!たまらん。
そして、これから先、国内旅行に出かける大きな楽しみがひとつ増えたって話である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フォルム、それは形…。 平坦に思えるほど緩い坂道を。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる