そこから空見た。

画像

暴風雨の土曜、快晴の日曜、となった先週末。
土曜日はとある見学を予定していたのだが、仕事でもないのにこんな悪天候のなか外出せにゃならんいわれもなかろうってんで延期。
うちでだらだらしたり、図書館で手紙かいたり(手紙かきには図書館。読み返すためその後喫茶店へ。 で、投函。が最適解)のんびりすごした。

翌日曜日は。電話で狙ってたお洋服の在庫を調べてもらうも、ショック! もうないといわれてしまう(売れるやつは世界中ではけ、残るやつは布切れ同然で投売り化が世の常)。
大阪からとりよせますか → う~ん…で、とたんにテンションだだ下がり。
晴れたし、完全にお店いくモードだったんだけど。着る服まで決めて(服を買いにいく服問題)。
無駄足にならなかっただけマシとも考えられるが、つまづくととたんに縁がないのかも…になる弱気気質にくわえ、
なにやら働いてる間に2000万円ためなきゃいけないらしいシビアな世界で(正直「だったら死ぬからいいです」だけども。かもめはかもめ、無理は無理。常に老後を案じて、健康な体のうちに享受できる楽しみをちまちま我慢しなきゃいられないような場所に長居は無用)、
収入の少な~い女が毎月衣服にかなりの額を投入する無鉄砲さも理解しておる。
やめとけやってお告げかしら。って、悲しみにくれかけた矢先、
あ。こないだ読んだナオコーラの本に、武田百合子さんのお墓が近所にあるみたいなことが書かれてたじゃない? と思い出し。
Waltzのへんだったはず。余裕で歩けるじゃない。てんで出かけることに決定。
外は強烈な日差し。けれども、界隈は急な坂が多く、途切れるころ思いがけない風景が迎えてくれるなどお散歩の楽しい地域。点在する素敵なおうちなどをみていたら、すんなり案内図前までたどりついた。
驚いたのは、このとき近辺に女子中学生がとても多かったこと。
訪ねた「長泉院」は現代彫刻美術館を併設、屋内外にわたってかなりしゃれた展開をしており、生徒ちゃんたちはそれらをスケッチしているようだった。
鈴を転がすような笑い声や、ぱりっとした制服姿に心洗われ、モダンな雰囲気のお寺へと足を向ける。
場所柄広大とはいえないが、それでもすぐ目指すお墓をみつけるのは難しそう。
なのであたりをみわたして、小坊主的なひと(短パンで草むしりなどに勤しまれる30代前半の男性)をつかまえ、
「武田百合子さんのお墓参りにきたのですが」と告げると、さっと「ありがとうございます。ご案内いたします」と快く対応してくれた。
一段上がった一区画。ひとつひとつ大きめ設計の墓地郡の中央に鎮座する「武田」の墓石。間違いない。
泰淳さんのお父上(養子に入った先の)がここの住職だったそうだからある程度理解できるが、
「こちらが武田泰淳先生と百合子さんのお墓でございます」てのに「出たね…。有名人の嫁問題。奥さんがどんなに優秀で著名でも夫人括り」と、じゃっかんモヤる私。
だったけれども。落ち着け落ち着け。墓前では心穏やかにご挨拶をし、せっかくならと隣接の建物に寄るってえと、
いかす! 当該美術館の企画展が非常にかっこよかったのだ。とくにケモノ。ケモノの彫像が多くてしびれた。等身大の豹とかトラとか。
建物自体、螺旋階段で3階まで上って外を見下ろすと庭に配置された彫刻がいい具合に目に入るなど「わ~得した~」のてんこ盛り。お墓参りは福を呼ぶわね…(違うけど)。
満足し涼んでいたら、美しい係員のかたがあらわれ「あの、お名前かかれましたか?」とおっしゃる。
そういや入口に芳名帳があったっけ。私はわりとかいちゃうほうなので(地番などは省略しますけど)「ええ」と答えると「失礼ですが、お仕事、ファッション関係でいらっしゃいます?」と続けられて。
「20年以上前とてもお世話になったスタイリストさんにそっくりで。時間的に別のかたに決まってるんですけど、お嬢さんかしらって…。すみません藪から棒に」。
ああね~そういうのはなれっこだから~。
「私、やたら<ファッション関係のひと>に思われがちで。年に何度も青山とか六本木で<おつかれさまです><ごぶさたしてます>って声をかけられるんですよ。そのかたにも似てるんだと思います、たぶん」と毒にも薬にもならないリアクションをしたしだい。ゆうて憮然とするよりいいっしょ。事実だし。
大昔、六本木交差点に夜な夜な出没するキョンキョン伝説…(彼女が「FADE OUT」とかでぶいぶいいわせていたころ、そっくりさんが頻繁に現れ「あれ? キョンキョン??」ってざわつくひとらを横目にあいまいな笑顔だけ残して去る)みたいなのがあってな。
もちろん別人で、ご本人はそのころ寝る間も惜しんでバリバリ働いてたわけだけども、その億分の一の地味な話よ。
なににしろ、自分、ファッション関係のお仕事はしたことないス。

この記事へのコメント

Dっち
2019年06月27日 23:38
図書館で書いた手紙を喫茶店で読み返す。が、すごく素敵で反応してしまいました。。
僕は手紙をほぼ書かない(書けない)ので、合わせて憧れてしまいます。

手紙を上手に書ける人って素敵ですよね。
まき
2019年06月28日 11:09
Dっちさん、おはようございます。
これまた「私が」ではなく「お相手(文通の)」がとても知的で素敵なだけという。
毎回凝った様相(切手選びから、包みかた、中になにやら忍ばせてあったりとか)なもので、
恐縮しかない…のが本当のところ。でも読んで気の引き締まる内容ばかりだし(何気ない生活ぶりが随筆みたいなんですよ)ありがたく縁をつないでいるしだい。
私、字がへたくそで手紙が得意とはとてもいえないのですが、
でも。でもですよ、このメール時代開始後20年以上のいま、ほんとうにいいツールです!
家族とのやりとりもラインもいいが、ちょっとしたメモ&イラストとか心温まりませんか?
悪筆はさておき、手紙をかく時間も好きだし。途中でやめて、翌日書き足したりなかなかいいものですよ~