ときをこえて遠くへいく?

IMG_3004.jpeg7/27(土)
① メゾンエルメスで『自由の幻想』をみる
ルイス・ブニュエルのド変態ぶりと不条理感をたっぷり味わった。
美意識がただごとではないのはもうええっちゅうくらいわかっていたけれども、ぶっちゃけシンプルに「変なひと」の域…。
(あと、モニカ・ビッティ。造形は特別好きじゃないのに出てくるとじ~っとみちゃう。「魅力」かこれが)
余談だけれど、昨今若者の集う古着屋にいくのが精神的に厳しくなりだした私は「きちんとしたお店できちんとした服を買おう、いい年なんだし」を心がけているのだが、「無抵抗主義」に転向したくなるよなできごとに高頻度で見舞われ、くじけそう。
いわゆるサカエちゃん現象。なにを着ようが「古着にみえる」ってやつ。
この日はなんと、銀座のエルメスで15000円也の古着のワンピースをかなりの温度でほめられてしまった。いじましい策など不要というお告げか。ならば善とは。成熟とは。
そういやほめではないが、先月だっけかTOGA(これも衣服大人化計画の一環)で、かわいらしい女子がさささっと寄ってきて「グッチお好きなんですか?」と話しかけてきたのだ。
着てないのに、違う店で。どうしたん…とじゃっかんひきつつ「はい。好きです。ミケーレの笑っちゃう過剰さが」と答えたら「私、TOGAにくるまえグッチに勤めてたんですよ。銀座でも伊勢丹でもおみかけしました。接客は別のものがしたんですけど…なんだかうれしくて。 どちらもとってもお似合いです!」。
一転、なんちゅうお洋服愛かよ~と大感激である。
今の若者の「がんばってクソ高い(大好きだけど、ひと月のバイト代パー的な)服を買う欲の低さ(無理もない情勢)」を考えると、尊ささえ。
どちらもモテや愛され、世渡りなどと無縁のコスチュームだもんね。コスパ悪いもいいとこ。自発の「好き好き好き~」のみで購入に至るしかない高価な商品は、このくらいの愛情をもつ娘さんに売ってもらわないと浮かばれない。服も。客も。
(で思い出したけど、通ってるヘアサロンの顧客にお人形さんのように愛らしく、お人形さんのように「話さない」子がいて、担当さんも「あまりにしゃべらないのでこっちも無言で切ってます…」っていってんだけど、彼女、「あの」ドーヴァーストリートマーケットにお勤めなんですって! 口きかずにあんな高いものが売れるの? 愛は音もなく伝わるの? →担当さんの「面接では話したのかなあ。川久保さんのなにかをとらえたんでしょうけど」つう味わいぶかいコメントも残しておきたい)

② 近くのオーバカナルへ避暑にかけこみ、お昼
映画のあとは、深呼吸したくなる店へ。世間様の評価と違って、高輪と銀座をひいきする私である。紀尾井町のもむろんいいけども。
ここでのハイライトは、横のテーブルにいた30代前半かな~(20代には興味ないときっぱりいってたし)くらいの女性2人組が「(住居以外の)不動産もってない男は不安だよね~」「論外でしょ」といいあってたシーン。さいすか。

③ 「ポーの一族展」にいく
のち、これから先いける気がしなかったため根性出だして4丁目方面を目指す。数ヶ月続くだろう暑さの攻撃力ったらあんた。
展示はとてもとてもよかったが、なにしろ混んでいた。
そもそもの大盛況に加え、1枚1枚が美しいため絵に見入り、ネームを読み込んでしまう。ひとりひとり時間がかかるのだ。ヅカ版も展開されてるもんだからさらに。
少女まんがと宝塚のタッグといえば流し見できないひとだらけだろう(疲れ果てた私はヅカ部屋をパスしてしまったが)。
とどめはグッズ売り場の人混みと会計の行列。めげる直前に心を無にし、最後尾へ。
よくやった、自分。項目すべてチェック入れられたよ。小袋をかかえ、まんがのなかの怜悧な涼しさとは正反対の熱い熱い会場をあとにした。
ともあれ間違いない催事なので、みなさんいかれるがよいかと!

私にはできない「おもてなし」…。

794DD8F2-FEE9-4E66-AF06-DA81460D53ED.jpeg
冴えねえな~。いつまでもうじうじ天気が続き、とにかくだるい。まわりをみわたしてもビンビンなひとなど皆無。
水玉のノースリーブドレスでも着て、ソーダ水のなかで泳げたら。そんなファンシーな夢をみたくなるよな週末だったんじゃないスか! みなさん。

7/20(土)
おしゃべり会~。今月は通常モード、Tさんと2人体制だった。
表参道のカフェでただだらだらランチしたのち、うちらだけの(なわけねえが、あのへんはチェーン店だろうがなんだろうがとにかく混んでるから穴場は内緒にしときたいんよ)くつろぎ用喫茶店に移動し、許される限りしゃべっておしま~い。
体調悪めの彼女とテンション低い私で、元来の「あてどない空気に身を任せたありのままトーク」ができ、気楽でよかった。
Tさんは現在職場の変更を考えておられるとのこと(数日前、突如舞い込んだ話みたい)。きけばきくほど「そっちのがいいんじゃね?」と感じた私はさして根拠もなく推してみたが(なんか…社風も出版物もTさんにより向いてるような~)、
むろん、人生は本人が選択するもの(できるだけ。そう、できるだけ)。他人は静観&幸せを祈るのみ、が基本姿勢なのに変わりはない。
この日のまとめとしては、よい方々&環境に恵まれても、一人台無し野郎があらわれたとたん奉仕の心は激減する。だったろうか。
おだやかな心で、失礼なく、他人には接したい。それによって結局自分もひどい目にあわずに済むんだから(三原Jの好む「ブーメラン」思想になっちゃうけど。あいつ…心底ヤンキーの下っ端かつ下品な女だよな) 親切にしてくれたひとには親切にしたいのが人情だもの。

7/21(日)
投票後、弟宅へ(一票投じた候補は当選したが、政党は…う~ん。954の選挙特番がおもしろくて →砂鉄さんがキレッキレにかっこよく、ニカイのジジイがバカかっこ悪くて~ ついつい夜更かししちゃったぜ)。
義妹が父と母に手料理をふるまうのに便乗したのだった。
瀕死の父ももちろん大変だが、日常すべてを病人にささげる老いた母の姿も娘にはたいそうしんどく映り(実家に帰るたび胸がふさぐ)
息子にとっても同様だったらしい。妻に声をかけ「たまにはおかあさん楽してくださいな」てな目的で誘ってくれたわけだ。
夏休みの小学生は笑っちゃうほど元気はつらつ、クラスメイトの日本語を話せない転校生と遊ぶ約束をとりつけたとか浮かれておった。英語でがんばって誘ったんだって~。あと、お父さんがどれだけ英語が話せるかなども楽しそ~うに。
つい最近、仕事にかこつけて弟が(子の分はもちろん自分もちで)ワイハ出張に姪を連れてったみたいで(思えば彼女、めちゃくちゃ海外いってんだよな。インターナショナル~)そこでいっぱいしゃべってたらしい。お父さんのかっこいいとこみせられるのいいよね~(私がその意味で全国一うらやましいのはクドカンの娘ちゃん)。
オーストラリアだったっけ、家族で出かけたとき確かに弟はめっちゃ便利だったし、そもそも「英語と編集ができるひと」を売りに転職してんだもんな。売りのある人生って…と脳内展開したところで自分がへこむだけ、このへんにしておくが、なにしろ「自慢のお父さん」であるのにこしたこたアない。
この日も多忙な彼は脇でちょいちょい仕事をしていたのだが、画面がことごとく英語で~もうグローバル~(民度の低い感想)。
まあ私はドメスティックでけっこうなんですけど、だからこそ! もう少し日本にはまともになってほしいわけよ。
恥ずかしい。きつい。税金も年金も払いたくない(主権も人権も幸福追求の権利も得られないのになぜ金ばっか)。子ども生むひとえらい! 役に立ちたくない! 簡単にいえば「嫌い」につきる!
「だったら出てけ」てな君主気取り(そんなやつに限ってカースト最低層~お気の毒~)のバカさかげんも同等に憎んでいるため、おいそれと出るつもりはないが、いったいどうしたら。
って帰宅後静かに悶々と。選挙のたびに襲われる無力感。苛立ち。
過半数の存在が解せない。虫けらみたいにこきつかわれアゴで派遣され命の保障もなくなっていいの? 自由になにかを選べる生活ができなくていいの? じゃ、なんのために生きてるの?(私の知る限り投票率100%なんだけど…どこに…)

うつくしきハンバーグ。

IMG_2887.jpg7/13(土)
これまた10年ぶりくらいのなつかしいひとと会う。お茶の水の「小川軒」でランチしたのち、お茶しつつ夕方までおしゃべり。小川軒ってのはあのレーズンウィッチの、ネ。
とかなんとか手馴れたふうにかいたけれど、入ったことなかったのでよい機会をえた。ご差配ありがとうございました。
過日みかけられたときは判別できず申し訳ないことをしたが、あらわれた瞬間「そう! このひと! この顔!」って記憶がはっきりくっきりよみがえった。
のと同時に。「優秀な女性はおとなびてるなア…」と、けっこうな年上にも関わらず見合わぬキャラとキャリアなのを勝手に恥じ、萎縮した心持ちまでもどっと…!(実際オトナ顔でいらっしゃるのもあるが)
いまとなりゃ「ひとは死ぬ(ぞっとするほど早い場合だってままある)」(直近10年の最大にして最深の経験は「死がとても近くなった」「死をいくつもみた」だ)という現実をいやっちゅうほど知らされ、
おまけにそいつが到来するタイミング幅ときたら10や20当たり前。てのまで学んでしまったため、5つや6つの年の差など…とあわせ~
ザ・中年の生き残り術!「もうしょうがない。改善もさほど望めない。これでやってくしか」的な開き直りもあいまって、
再会した彼女を「年齢相応のできる女性」として自然にみることができ、つくづくよかったと思う(その節は一方的にびびり、申し訳なかった)。
R子さんのときもだが、あれよ、オトナが10年会わないと、お互い「1度は体を壊す。あるいは治療中」だったりするんで、無事でよかったね~が(心の)第一声。生きてるだけでえらい。そして、ラッキー。
両者、会話のトーンも丸く、もちろんすべてに満足などありえないにしろ「マアそこそこやってま~す」みたいな着地ばかりで、
(あいまいな記憶をたどるに、以前の彼女はもっと「渦中」オーラを出してて…20代の優秀なひとなら当然なのかもしれないが…強く正しく、だからこそ「なにか?」みたいなところが多分にあったような気がするのだけれど)
短くはない月日をはさみ、世の中にはいろんなひとがいる、さほど望んだところで、ネ~的ななにかが装備されたもよう。多くの「10年ぶり」に共通する「時間の経緯…悪くないワ」な感慨がこの日も当方の胸に充満したしだい。
それもこれも健康ありきだけれども。健康ありきだけども!(復唱)
もうさ~多少の美醜なぞ、健康の前には蟻んこみたいなもんっしょ。肌と髪がきれいでニコニコしてたら「うつくしい」でしょ。すべて健康ゆえんでしょ。てか、ほとんどの悩みは「健康」が解決してくれるでしょ!
他人の目にどうみえるか以前に、数十年しかない生涯、できるだけ長い期間どこも痛くなくつらくなく、通院や闘病に時間を割かず、ほがらかにすごしたいと誰もが望むに決まってて、
それこそが、医学に限らず、全方位の向学心(知識があったほうが世界は美しくみえる)を呼びおこし、アンチエイジングや過剰な健康志向(紫外線から花粉、骨量やら内臓脂肪やら腫瘍や虫歯、尿酸値に気をつける道のゴールはすべて「健康」)、啓発本やセミナー、スピリチュアルなあれこれに人類を向かわせる所以なのだもの…みたいな大風呂敷はさておき、
病み上がりの彼女の調子や、いやそれよりお金がめちゃくちゃかかってよほど大変だという「歯の治療」バナをきき、こちらの体の不具合や入退院、家族のそれらをあらためて報告、「命と幸福の源・健康」の大切さ、およびその失われ具合を相互確認し、
「子孫を作れないことへの、う~ん、罪悪感…てえと悔しいし、特に望んでもないのでちょっと違うんだが、マアそれに近い感情」を吐露しあうなど、かつてなくかなり自由な会話ができた。
わりと近い(世間的には「同じ」)業界にいるため、そのへんの話でも盛り上がったしネ~。
私の「ぼんやりのんびりしててほんと~にすみません」「自己実現欲がゼロで(働きマンが99%の世界において)肩身の狭いこと…」つう日々の引け目もこの年まで到達すると「ゆうてそれが自分だからア!」と明るいあきらめが優勢となり、
背伸びしたところで、この先お迎えがくるのを待つだけだし~(一足飛びすぎ) 。
なにしろ、かまえてたよりずっとずっと楽しい時間をすごせてよかった、と。OD好きに悪いやつはいないってことかな★(強引)

友だち未満のたいせつなひと。

IMG_2883.jpg
そもそも友だちが少ない。のにくわえ、会社で気さくに話せるひとがゼロ。さみしいわ~。てのが2017年からの…う~ん、15位くらいの悩みだった(それ以前に文化的最低限度の生活確保すんのに必死でさ~)。
たくさんほしいのに。ではない。「にしたってやばい量なのでは?」「年とったら友人だけが頼りってよくきくのに」的な不安にかられてるだけで、直近で生死に関わる問題とも違う。
そうはいっても1日10時間ほどいる場で、挨拶以外無言は…ちょっと、いや、だいぶ。
属する部署の平均年齢は(自分抜きで)50代後半。 60オーバーが2人きて最近さらに上がった。ひ〜。
年齢相応以上にスーパーえらい(えらかった)ひとぞろいのため、笑ったり驚いたりなどどうでもいいリアクションはできるけれど、私は会話に参加できる立場ではなく(みなさん入社30年来とかのお知り合いですから)、そもそも無関係すぎてコメントが。
(昨日カルティエの日本支社長の奥さんとご飯たべてさ~あ、私、お宅に呼んでいただいたことありますヨ~とかなんとかいわれたところで)
この年齢にしてアシスタント(助手業務が好きなの心底。そういう人間がいるのを認めてほしいの。カモン多様性~)で許され、
私の給料などみなさんにとってはワンちゃんのエサ代程度だろうから(存在もかもネ。ワンちゃんじゃなく、エサ。なくて困るのは事実ですから特段卑下してるんでもないス)需要と供給が一致しており、全体の相性はいいのだが、
それとは別に他愛もない話だってしたいじゃない~2日に1回くらいさ~。
てえとがっつりタッグ組んでる現上司に「やってるでしょ、私と」とか思われそうだけども、こっちにしたら「10分話したら20分深呼吸」の業務。接待。気楽さがないんだもん1gも。気遣いアフター気遣い。他愛の山。
彼女の第三者への厳しいジャッジ(君クビね!)に背筋が凍ったこと複数回、いつか見限られる予感しかない自分は戦々恐々、バカがばれぬよう接点を少なく…つっても避けたら避けたでポイント減るから…うま~い具合に…って腐心するうち、
なんでこんな気イ配らんとあかんねん! とモヤるシーンも正直ままあるけれども、劣悪な環境を経験済みの身、気配りでお給金がいただけるならおつりでますワ~。てところで、目下鋭意(心の)調整中なわけ。
なおのこと週に1、2度「くだらないおしゃべりのできるひとがそばにいたら」欲が燃えたぎってくるってもんじゃないですかア!
てな折。ありがたいことに「ちょうどいい女性」があらわれたのだ。ラッキー★
本部長がまだ平の(てのもアレだが)部長のころ? 10年ほど前? 派遣で働いていたらしく、下の子の小学校入学をきっかけに再び週3、4回違うフロアに「パートさん」としてきているのだが、
こちらの仕事と絡む機会も多く、週1ペースでお昼を食べたり食べなかったり…接点度合いもグー。
年が近い以外共通点はまったくないけれど(大前提として子アリとナシ、あちらはテニスやウォータースポーツにあけくれて育ったそうで、両ミエコの名前も知らない。当方とてウォータースポーツなぞひとつも理解してないのだから、お互いさまだ)相性がよく、
私が仕事をふる側なので労働中は敬語だが、休憩時間はさっと「暗いな~」「それはダメじゃん?」ってノリになってくれるなど、つきあいやすいったらない。
もっといえば役員に対しても「**君」呼ばわりで「やばいよね~。20代の子に誰だあのおばちゃんって思われてそう」とかなんとかある程度自覚もしてるようだが、えてしてそういうタイプは反感ももたれないのよね。
まあとにかく。奇跡的に降臨してくださった彼女に、できるだけ長くいてほしいもんだワと切に望んでいる現在。
遠からず辞めちゃうひとだし、私もそれよりは先までご厄介になる予定だが定年までは無理。ひとまず「救われた~」「この時間がもう少し続けば…」くらいの気持ちを忘れずにいようと。そんな「神に感謝」の今日この頃。
(画像は「他愛もない話が<できない>系のかたからのマカオ土産(not上司)」。狂った布は着用していた衣服の一部。これで就業してんだからねえ)

「食べすぎた…」満場一致。それがときを経た身体よ。

3111AC32-2FAC-4CBE-8B3E-8D791D76D7BE.jpeg6/30(日)
ファイナルスパンクハッピーのライブで声をかけてくれた乙美の級友(にして旧友)をまじえ、開催された6月のおしゃべり会。
「はっきりしないお天気」のサンプルのような、降ったりやんだりの一日だった。待ち合わせは表参道の「ハブモアカレー」である。
人気店のためじゃっかん待ったが、並んだ階段でけっこう話せ、テーブル席にもつけ(カウンター横並びで10年ぶりの集合てのも)、目白で放課後お茶してバイバイ~つってたときと同じ空気でおしゃべり開始。よかったよかった。
10歳児から成人までと違い、出会いのときすでにみなさん立派なオトナ。見違えたりはしないが、生きてりゃそれぞれもろもろ変化はある。
休日のまっ昼間出てこられて、自分の稼ぎで友達とランチ、そのあとのお茶もまあまあお高めのところに「座れりゃいいよ」ってさらっと入れる状況など、おおむねメンバーは恵まれていると思われるが(一定の健康と可処分所得の保持)、
なかでも総合点で一番安定してるのは今回のゲスト、R子さんだった。
10年前もすでにお姉さんキャラだったような記憶だけれど(感情の波が一定。思ったことを臆せずいって、それが誰も傷つけずおもしろい。自然体)、
婚姻関係も継続、会社も部署も変わらず、引越しもしていないそう。理想の40代ではないか(私…ぜんぶ…)。
数時間のふれあいで、そういうひとこそがなにげなくみえて実は一等優れてるのよネ…と教えられたかっこう。
(帰宅後、Tさんも「R子さんいいわ~気を使わない相手って楽~」と感慨深くメール送ってきたくらい)
本人無意識のうちに相手をリラックスさせられるタレント。母性とかとも違う。
Tさんが所用で中途退出したあと、小一時間ふたりで他愛もないトークをしたのだけれど(彼女がグレートホリデーでまったくぴんとこなかったアーティストの話とか…。ふふふ)
私みたいな特異の気にしやものびのびしゃべれちゃう、しかも10年のインターバルを経ていきなりでも。って。ほんと珍しい。
長年定期的に会う仲じゃない関係で、全開に近い状態になれるの元ボスとR子さんくらいかも。ってさ~この日だけでいいきれちゃうのすごくな~い??
あのくらい落ち着いたひとでないと、同じ会社に新卒から定年まで勤め続けられないのかも…とも感じた(つぶれない、ホワイトな会社に正規入社できた強運も含め)。そんなんR子さん以外しらんもん俺。
婚姻の継続も同様の仕組みと推測されるが(職場の斜め前にバツ2の男性がいて、ちょ~うオトナなのに日々メンタル大荒れのため…つい。初代の子は子も産み、孫までいるんだって。孫…どんな感じかしら。MAGOマゴ…アンドロメダのように遠い。なのにアイドルに詳しく、印刷会社に激を飛ばし、会社の体制に怒り、バイト女子との触れ合いなどの際はあからさまに楽しそう。話題豊富にして人脈も広い。現役。石田純一かよ…てえとあまりにほめすぎだけど、自分があの年まで元気さをキープできるとはとても思えない…どころか、現時点で活力は完全に負けている)、
要するに、R子さんを求める社会とか個人の気持ち痛いほどわかる~っていうね。逆にみる目をもつひとの生涯は恵まれたものになるよね~と(夫とか会社とか)。
あと、何百回目かわからんが、乙美OGのレベルの高さのただごとでなさ。な。誰か書いて残せばいいのに、あの日々を。数年を。本職のひといくらでもいるじゃろ。
こんなふうにときどきどこかですれ違って気づいたり気づかれた誰かを招いたりもしながら、ゆるゆる続けたいおしゃべり会だ。フリーなトークはお金に換算できない。