忙殺とセンチメンタル。

IMG_4663.jpeg
2/11(火・祝)
おしゃべり会~。
甘味を欲し、みはし上野本店へ。盛況ながら40分待ちなどには至らぬステイの末、クリームあんみつをいただいた。
Tさんは白玉あんみつ。文字打つそばから笑みを誘う字面だぜ…。
労働はつらい。せめて休日はバカっぽくハッピーに華やいだり、ただ魂を弛緩させるのに専心したい。8割かなわなくとも。と考えると本会合がどれだけ自身の支えになっているか、あらためて。
おしゃべりは「『パラサイト』についてめっちゃ語る!」と、職場バナなどなどだった。
蝶よ花よ扱いの職業婦人ライフを送ってきたわけではない我々、現状にゃそこそこ感謝しているのだがむろん100点ははるか遠く。
利益を出すため集う場において、末端の人間が多少の不満を抱く状況は至極当然…だからこそおしゃべりで憂さを晴らすくらいサ~みたいなやつ。
(私に至っては目下人権を侵害されるレベルの悩みもあったりしてガチで頭痛い状況なのだけども、まあ遠からず結果が出ることだし割愛。もちろん彼女にはぶちまけましたけど)
ド「和」な甘味処をあとに、Tさんの提案によりナウで洋でシャレたブックストアへも。
前日954でお知らせされたという「ROUTE BOOK」。本とコーヒーと植物を慈しめる素敵空間でおしゃべりはさらにバーニング! 楽しかった。
それ以外は…なんだろうな~。
ほんとのほんとに生活が忙しくて。2月はラストスパートなのだ。事案の集中、かつ、いちいち向いてない作業続きで目が廻りそう。
父が他界してこっち(や、看病期から)休む暇もない。暗い雑用の明け暮れで。生きてくとは…大人のみなさん、ひとしく5963!!!
64CA5E1E-4776-4059-8B8A-06DBD5AAB3E8.jpeg
2/23(日)
実家の処分(こんな早くとは考えなかったが)は父がいなくなったらする事業。と頭ではわかっていたけれど、あと一週間でさよなら…てえと。
根暗のA型(私)のほか冷たいAB型ぞろいのご家族におかれましても、
(よくいえば分け隔てなく親切で、頭の回転がはやいんだけども。血由来のため親族に頻発…は想定内だが、友人およびその伴侶にまでAB型のひとをもつ私の見立てとして、彼彼女らはおしなべて他人や社会に期待値が低い。冷酷に裏打ちされたやさしさ…)さすが感慨深くなるようで。
「新興住宅地の戸建てなんざ意味ない。売れ売れ~」(90年代あれほどもてはやされたサバービアを…)とけしかけ続けた弟すら「まあちょっとさびしいかも」とこの期に及んでいいだして、
何十年も贔屓にしたお寿司屋さんのラスト出前とともに集合。
持ち主の母は感傷より片付けでぐったりしていたが(70越えに不動産の処分はな。一軒家って物置とかガレージとかエアコンの室外機が7つとか…とにかく素人の手におえない「廃材」の山なのだ。とくに溜め込む気質でなくとも処理業者に3桁など容易にあり得る)、
孫をいれて門扉の前で集合写真を撮るなど、なかなか「家冥利につきる」日だった。
戸建てに心があるとして。
まだ咲いている花、埋められた歴代のペット、家を出れば通学路、遊んだ公園、なんとかちゃんちとなんとかくんちとあれやこれやの眺めに深呼吸。
選択した「別れ」だ(まじで世にはいろんな「実家の処分」があるご様子ですし…)。
舵は切られたと。持ち主の希望で。進むしかない。ぐすん。