食べ物写真つらつら。

IMG_4427.jpeg
1/11(土)
按田餃子へ。憧れのお店のひとつにいけて嬉しかった日。
(「そのほか」を挙げると…path、KABI、しゃけスタンドなど。特定の人物が浮かんでくるわね~)
もちろん「誘われたから」だ。なかなかひとりじゃ。タウンそのものも。
前回と前々回のファイナルスパンクハッピーのライブで会った女性にだ。いよいよすごす時間が楽になって「またぜひ~」が本気でいえる感じ(個人の感想です)。
ま、ほとんどの人類は知り合ってしばらく、たとえ「とても明るくハイでオープンな印象」を与えまくっていようとじゃっかん構えているんだろうが。
なににしろ、回を重ねるにはそこが最重要事項のような。大事大事~帰り道疲れてないって~(暗い)。
優秀な女性なので「きちんと主張」し「理にかなったものいい」をするんだけど、まったくきつくなく。
意思を表明しつつアタリがやわらかいのはなぜ? とちょっと考えてみたのだが、相手を基本否定しないところかなって。
同じ意見じゃなくてもいったん「なるほど」で受け止められる。なにを~?? といきりたたない。他者の感じかたを尊重するのは自分を殺すとイコールじゃないのに、なぜか違うだけで逆上する輩の多い昨今、稀有な存在では。
電話に出る声だけワントーン高いとか、外面はめっちゃよくても実は他人に厳しいとか、沸点低~い御方をよくみかけるが(それが一概にアウトともいえんわけだけども)彼女は違う…。やさしい! みたいな。
当たり前のことかいてサーセンだけれども、想像力があって痛みを知るひとなのだろう。
機会に恵まれたらまたおしゃべりしたいワ。おいしいものを食べつつ。
かなり並んだが餃子以外も(ご飯も飲み物も)すべておいしかったし、オシャレより丁寧さを選び、愛と誇りをもって切り盛りする姿勢が一見さんにも伝わるよいお店であった。
IMG_4498.jpeg
1/18(土)
そして今月もおしゃべり会がやってきた。ヤア! ヤア! ヤア!
早い。このぶんでは今年もきっと矢の如し…だといいけども、ま~オリンピックのへんきつそうだからわかんないよね~(会社出なきゃだめそうだし、お休みになったとして連日テレビの喧騒にまみれるのも。ゆうて灼熱のもと交通バカ状態のトキオシティーに繰り出すなんざ論外)どうなることやら。
そもそも「貧乏な国がわざわざ挙手? 正気?」で実際お粗末なことだらけ。「赤っ恥日本」を真摯に受け止め(「真摯」てのはこういうときに使うんやぞ)とっとと辞退してくれ~とずっと願ってるんだが、ことごとく市民の願いをききいれないから行政のやつ。
なにはともあれ、この日(も)愚痴率の高い私の話を辛抱強くあたたかくきいてくれたTさんは天使だった。
心底感謝。できすぎちゃんよ。
そんな彼女に幸多かれと。取り急ぎ、現在具合が悪い父上が早くおだやかに快復されるよう祈る。
(スーパー銭湯に彼女がやさしく包み込まれたときいてほっとしたわ。自分は包み込めないだけに)
この日はカレー。神保町のバンゲラズキッチンにて。美しく、おいしかった。ほぼ店内一人占め(ふたり?)だったのも。
来月も楽しみだ〜(食いしん坊&おしゃべり飢餓野郎として)。