テーマ:映画

ときをこえて遠くへいく?

7/27(土) ① メゾンエルメスで『自由の幻想』をみる ルイス・ブニュエルのド変態ぶりと不条理感をたっぷり味わった。 美意識がただごとではないのはもうええっちゅうくらいわかっていたけれども、ぶっちゃけシンプルに「変なひと」の域…。 (あと、モニカ・ビッティ。造形は特別好きじゃないのに出てくるとじ~っとみちゃう。「魅力」かこれが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Il y a un livre sur la table.

いま出てるポパイの映画特集で(現ポパイいいよネ~。春樹のTシャツコラムだけで1億点だし「シティーボーイ」は「シティーガール」にいれかえ可能、その「シティーガール」ときたらあまりにも素敵な女の子だ) そのなかに「オシャレ映画、みるべきスか? 先輩!」って感じでオシャレ業のかたに尋ねるコンテンツがあり。 ざっとチェックしたところ、ま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フォー!(ふるい)

4/20(土) さわやかな陽気。来週は連休。 足どりも軽やかにシネマヴェーラのハワード・ホークス特集へ出向いた。 せっかくなので機を逃してた神泉の「スガハラフォー」に寄りランチも~なんつって。 大橋でバスを降りたのだけれど、そういやあそこは向こうへ延々渡ることができない魔の道…大坂上を使うべきだった…と、かなりの徒歩&歩道橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Someone still loves you!

地味な年末年始だった。 「父と大切な友だちの病状が著しく悪化せず、新年を迎えられればそれで!」と鼻血がでるほど祈ったすえ、かなっただけでも(友だちはかなりきつい状況のためつらいが)よしとするしかないけど。 1/1(火) とはいえ、めでたい日に違いはない。2019年の訪れもだが、両親ともどもの「誕生日」なのだからして。 同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界がどれだけ酷い状況であろうと。

12/22(土) 夜電波が終わるショック(年明けから1週間をどう組み立てようと途方にくれている)をきっかけに、 ファイナルスパンクハッピーを年内にみたい気運がめちゃくちゃ高まり、でかけてきた(いつまでもあると思うななにごとも)。 結果。すっご~く楽しかった!& ODをかぶりつきでみられた! すばらしい夜。イェーイ。 1期2期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走らない師もおられる。

12/15(土) また!蓮實重彦さんのお話をヴェーラで伺える日がやってきた。 実家いきをやめ(父も大丈夫そうだったので。しかし直前いろいろダメになることが多くなるんだろうな~この先)さっと整理番号をとりにゆく。 前回暇をもてあまし好奇の目にさらされたのと、この日の寒さが重なり遅め出発。それでも適度にいい数字だったけど。かつ、ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイフルでない人生。

12/8(土) メゾンエルメスで短編映画をみてから実家へ移動。 12月。すなわち今年度最後の上映だ。『チェス狂』『とらんぷ譚(ものがたり)』の2本。どちらもよかった。 とくに後者(前者は30分程度だったし)。古~い映画なのに斬新なつくりで、ほぼ主人公のモノローグで生涯を語りきる…あれよ~あれあれ、ウェス・アンダーソン『グランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンドは家族だ。

Queen、女王という名のバンド。地球規模でメジャー、もしかしたらローリングストーンズより曲の知名度は上かもしれないスーパーヒットメイカー。そして、あのビジュアル。 学生時代、軽音楽を嗜んでいた関係上、彼らを「うまい。キャッチー。ショーとして見事」と理解しつつ、特段ファンになるでもなく、機会があれば演奏し、フレディがHIV(に起因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢、それはドリーム。

11/11(日) 再びヴェーラのミュージカル特集へ。『ハリウッド玉手箱』。 実は本特集で自分が一等みたかったのは『聖林ホテル』なんだけど、スケジュール的に無理っぽく残念…。 「聖林」といったら世代的に即!「聖林公司」だが、いまのひとはわかんないかもね。ハリウッドランチマーケットの会社よ、無印を良品計画が作ってるみたいなあれ。だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴォヤージュ ドゥ エルメスのほうが好き。なんつって。

読んでいる間、文体や、もつ雰囲気が伝染することがある。特別感銘を受けていなくても、近しいひとの書き文字や口調に知らず知らず寄せられてゆくがごとく。 その度合いが一概に愛や関係の深さに比例するとは限らぬことからからわかるように、その侵食パワーは発揮しやすい方向あるいは範囲があるようで、 要するに、ここ数日気取ったメールを送りがちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの脚の美しさをみないでどうする。

10/27(土) 朝イチでヴェーラ。当日券(のみ)のよい整理番号を得るためだ。トークイベントつき『巴里の屋根の下』の。 先のミュージカル特集で、あまりにも豊かでおだやか、知性と品格あふれるトークを披露され、完全にハートをもっていかれた選者の瀬川昌久さんと、 なんと!蓮實重彥先生!が40分も対談をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさに古きよき。

10/13(土) 標準上映(?)をみるためメゾンエルメスへ。 『イルマ・ヴェップ』。いにしえの女盗賊モノを焼き直すことになり、下り坂(設定)の仏監督がヒロインに香港の女優マギー・チャンを大抜擢、というところから物語が始まる。 「イルマ・ヴェップ」はそのキャットスーツに身を包んだ美しい泥棒の名前だ。 マギー・チャン…懐かしい響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画を愛するうち撮りたくなるひとは多いが、僕はそうじゃない。

10/6(土) 通院からのメゾンエルメス。ル・ステュディオの年間プログラム監修者、アレキサンドル・ティケニスのティーチインへ。 去年いけなかったから「やった~」って。ずっとどんなひとが担当してるか興味津々だったのだ。 どえらいメジャー作からマイナーなフィルム、どころか、アニメ、短編、学生の卒制までもとりあげ、結果独特な魅力を放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしは特定のひとに甘いだけかも。

9/22(土) ハイブロウ、あるいは「似非お金持ち」気分を味わい、自己との非同一性を思い知らされた日。 以前から仏語で発音されるところのグッシ、の子供服をかわいいな~これなら買えないこともないぞと思っていたのだ。好きだが買えない庶民として。 12歳が最高年齢設定で152cm相当 →イケル。大学時代買ったラルフローレンの子供服い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みせたかったわ。

9/1(土) 9月だってよ。はや~ッ。こわいこわい。 ひどい暑さだった夏に執着はなく、今後、年内の数ヵ月が酷暑(烈)になるとしたら(ただでさえ興味ない)長生きがますます魅力なくなるだけやんか(熱中症死って痛くないのかな。だとしたら早めに…どなたか発見さえしていただければ…)くらいが正直な気持ちだけれど、 視点を変えれば「生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オマージュじゃないよ、いやがらせ。

8/25(土) シネマヴェーラで『はなればなれに』。 20回はみてるが(うち映画館では5,6回)この日は菊地成孔さんと中原昌也さんのトークつき。絶対!いきたかったのだ。かなうならば前方の席で…(鑑賞だけなら完全に後ろなんだけど。ヴェーラのスクリーンは最後列でもいいくらい。でも小西さんはいつも前っておっしゃってたし、好みによるね~…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「よろしくで~す」

7/29(日) 人気出すぎてチケットがとれないことで話題沸騰、『カメラを止めるな!』をようやく、よ~うやく!みてきた。3度目の正直だぜ。 土曜朝イチ希望が、あっちゅうまに売り切れてしまい×。タイフーンの関係上日曜日で結果オーライだったんだけども、土曜の夜から日曜正午あたりまで父まわりの事情があり、この疲労かかえての渋谷かよ……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれからまんまとTシャツの日々。

ひどいことしか起こらず、飽きず更新されるスゴイ国ニッポン…にはある程度慣れたつもりでいたけれど。 (ってもあきらめきれるほど感受性が死んじゃいないから、むかつきの累積で私ら世代は早死に決定よね。ストレスが地球をダメにするって80年代森高も歌ってただろうが。ちょっとかっこよさげで、寝てない自慢もまじだったころですら!「問題提起」され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだろうね。

6/16(土) カンヌでどえらい賞をとった『万引き家族』をみに、初!TOHOシネマズ日比谷へ。 ちょっとちょっと~よくない? (ビルそのものが辟易するほど混んで不快なため、当分は差引ギロッポンとかにするかもだけど)日比谷のTOHOシネマズ。 初体験がプレミアムシアターだったのもあろうが、大画面!大容量!どの席からもよくみえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パパ~!

6/9(土) シネマヴェーラへ。いわゆるひとつの美しい衣装特集をみるために。 が。現場に到着して、大ショック。視力0.03以下のくせに「眼鏡を忘れてしまった」のだ。 サングラスはかけてきたのに…。己のバカ具合を象徴する失態である (ちなみにこの日のサングラスは数年前のフセイン・チャラヤン。て。ンなことより近視眼鏡もってこいや!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それは違う犬だ。

5/26(土) 午前中通院、午後映画。 金曜夕方から情緒が著しく不安定になり、帰宅後TOHOシネマズの予約をいれたのだけれど、 シャンテのつもりが六本木だったことが病院終わりに発覚。間に合ったからよかったようなものの(ちょう遠回り)座席図で気づけよ自分。それほど動揺してたのかと。 『犬ヶ島』。 当方、長年にわたるウェス・ア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欲しいものは手に入れないと気がすまないんだわ(山の手言葉で)

5/20(日) 情報解禁直後いくっきゃない!と反応した「美しい女優・美しい衣装」特集のためシネマヴェーラまで。 (6でも宣伝してたね~。あれ始まってからますます954の後追いに多忙となり、とうとうかもめんたるメルマガ解除しちゃったよ。悪いが不景気な話や相方disをきき続けるのはきついんだ。お金はなるべく美しいものに使いたいんだ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Somewhere Over the Rainbow

5/12(土) 歯医者へ。半年に一度クリーニングをかね検診をうけるのだが、実家時代からの担当医が近くに院長として赴任したときき、渡りに船、こちらでみてもらうことにしたのだった。 (歯科医院不遇のいま、なぜかこのグループは儲かってるようで地元地方に3院開業、いまの地域に2店舗?進出) 住所から察するに恵比寿より。どうやっていこう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これがそのサングラスだぜ。

4/22(日) シネマヴェーラにまた名作選のシーズンがやってきた。てんで。真夏日にもめげず往復徒歩でいってきた(押韻。や、気取ってんじゃないよ、遠いんだからふつうに) 熱射病をもおそれぬ行為は、ひとえにかっこいいサングラスを買ったばかりだったから。あれよ、サガンのイメージ。はすっぱなお嬢さん的なネ~ (生涯いちミーハー宣言) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

VOICEに耳をかたむけるということ。

4/14(土) とりわけ深刻な資金難に見舞われた週末。 100円単位の逆算などいいおとながすることではない。読書でしのごうと観念しつつ、それでもいじましくTOHOシネマズのマイルを確かめたらば…6回たまっててタダになるタイミング。チャンス! なるべく近くのTOHOで一本。てんで『ペンタゴン・ペーパーズ』を選択。予告もよさげだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

存在するありとあらゆる四角がカレと同じ比率という。

3/3(土) ひな祭りとて通院。 っても、出さなくちゃ&かたづけなくちゃな夢見るころはとうにすぎているし、娘もいないのでどうでもいいけれど。 実家では高校まで立派な7段飾りをフルで出しており、6畳の和室をまるまる占拠されていた。期間中は部屋をめいっぱい使い、一年のほとんど押し入れひとつ占めるあいつ。 隣近所、女の子がいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丘のうえの。

2/24(土) ソフィア・コッポラの新作をみにTOHOシネマズ六本木ヒルズへ。 なんとなくハズレの予感がしてたのだけれど、しかたない、ベイビィジェネレーションとしてみそぎを果たすまではロードショーに足を運ばんと。 彼女の映画をひどくいうひともいるが、私はむろんそこまで思ってない。写真家としてずっと好きなためそれが「動く」ことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEP END

2/4(日) かなりひさしぶりに恵比寿ガーデンシネマ(ユナイテッドナントカ)へいってきた。スコリモフスキのデジタルリマスター版『早春』をみるために。 色合いや時代など、きっと好きなやつ~とぴんときたからなのだけれど、みているうち「私、こういうマリアンヌ・フェイスフル顔にもめっちゃ弱かった!」と強く感じることに。 そうなのだ。カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マナーが、ひとを、

1/7(日) シネマヴェーラのヒッチコック特集通い再開。 『レベッカ』 映画好きでなくとも知る名作。私も遠い昔自宅のテレビでみた。長いなア~と感じたのと屋敷の燃えるシーンが記憶に残っている。 お金持ちも大変…があらたな感想だろうか。 レベッカの件は「解決」してめでたしめでたしだが、今後ずっと「週一で邸宅を一般公開」し「頻繁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

69番願います!

1/1(月) あけたね~!あけた。 去年がマア異例のひどさ、かつ、年末まで仕事にありつけなかったため、 (駆け込みで決まってほっとしたわ。面倒と多忙のコンボでもやっぱり版元での労働は落ち着く。が。油断は禁物。いつどうなるかわからない。今年はお金をもう少しプールしなければ。つかまず損失補填に専心…) あけた程度じゃめでたい心境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more