デミグラスみ強すぎ…

San`a.jpg
12/13(日)
年に一度二度、ただ会ってしゃべる男友達と明大前スプーンハウスへ。
ここにたどりつく前は駒場東大前のいなたい喫茶店(閉店)、その前は母校の学食で待ち合わせていた。
「個人経営でとくに栄えてはいないがほかにも客がおり、そこそこおいしく時間制限がない」喫茶店でひたすら話すのが好きな我々。
今年はこんな状況、どちらかが「やめときますか~」であれば中止だったろうけれど、あいにくお互い。
彼は接客業、気にしてたらさあ。いや、マスクはしますしうがい手洗い殺菌を心掛けてはいますけれども。
コロナに限らず、けっこうもう「なにがどうでもかまわない」そうで。自身の待遇や出世そのほかバイトの子とか社員のいさかいとか、相談されたらきいてあげてはいるようだが。
身内界でも甥っ子が2つ目の大学で(院じゃなく、入った大学になじめなかったもよう)またまたうまくやれず(友だちに一斉無視されたりしてんだって…大学生…?)東京に残ってるものとして頼られたり。
「やめちゃえばっていったんだけど。資格はとれるしリモートだしさ、複数の友人がそんな必要なのか謎だから」って。
不要だろ無視するやつとか。でもな~それも昔の人間あるいは私らに限った傾向で、一人飯がつらいヤングはトイレで食べるとかきいたことあったし。それすら10年ってのがひどいけど。
「ひとづきあいは大変よね。孤独がいいわけでもないが」「就職とか結婚してなくても堂々と群れにでていけるメンタルって育てられないから」「そうよ~私むりだもん」「堂々としてんじゃんあんた」「フェイスブックとか絶対やりたくないって意味で」「あ~ね~。みせつけられるのが?」「みたくもないけど、みせるほうがよりダメかも。七五三とか家建てたりとかホームパーティーとか記念日ジュエリー的なのを刻々とアップするんでしょ、完全にイメージだけでいってるけど」「大昔の知り合いがキャロルキング熱唱する動画とかでてくるしね、45歳の姿で」「…まじか。そっちの厳しさは考えてなかったわ。さらに遠ざかる世界…」「みなきゃいいんだけど。やべえって」「とか! かつての友にいわれたくないのよ私は繊細だから。バンジージャンプやるで~とかならいいけど」みたいな。
直近にみたイッセー尾形がすばらしかったとか清水ミチコの舞台が楽しみとか、5周くらいしてまた毎日ギターひいてんだよねとか、文化的なトークも聞かせてもらったが(ナイツの輝きなど)まあ「凪」よね。凪がいちばん。
私は今年まったくもって凪いでなかったため、一気に愚痴り、適当になぐさめられて~おしまい。
熱く擁護してくれるひともやさしく寄り添ってくれるひとも流すだけのひとも欲しい系としては目がそろった感じだろうか。
数はいらないし熱演動画に巻き込まれたくもないけど、適切な量の適切な性質の友達は、大切にしたいし大切にされたい。