私にはできない「おもてなし」…。

794DD8F2-FEE9-4E66-AF06-DA81460D53ED.jpeg
冴えねえな~。いつまでもうじうじ天気が続き、とにかくだるい。まわりをみわたしてもビンビンなひとなど皆無。
水玉のノースリーブドレスでも着て、ソーダ水のなかで泳げたら。そんなファンシーな夢をみたくなるよな週末だったんじゃないスか! みなさん。

7/20(土)
おしゃべり会~。今月は通常モード、Tさんと2人体制だった。
表参道のカフェでただだらだらランチしたのち、うちらだけの(なわけねえが、あのへんはチェーン店だろうがなんだろうがとにかく混んでるから穴場は内緒にしときたいんよ)くつろぎ用喫茶店に移動し、許される限りしゃべっておしま~い。
体調悪めの彼女とテンション低い私で、元来の「あてどない空気に身を任せたありのままトーク」ができ、気楽でよかった。
Tさんは現在職場の変更を考えておられるとのこと(数日前、突如舞い込んだ話みたい)。きけばきくほど「そっちのがいいんじゃね?」と感じた私はさして根拠もなく推してみたが(なんか…社風も出版物もTさんにより向いてるような~)、
むろん、人生は本人が選択するもの(できるだけ。そう、できるだけ)。他人は静観&幸せを祈るのみ、が基本姿勢なのに変わりはない。
この日のまとめとしては、よい方々&環境に恵まれても、一人台無し野郎があらわれたとたん奉仕の心は激減する。だったろうか。
おだやかな心で、失礼なく、他人には接したい。それによって結局自分もひどい目にあわずに済むんだから(三原Jの好む「ブーメラン」思想になっちゃうけど。あいつ…心底ヤンキーの下っ端かつ下品な女だよな) 親切にしてくれたひとには親切にしたいのが人情だもの。

7/21(日)
投票後、弟宅へ(一票投じた候補は当選したが、政党は…う~ん。954の選挙特番がおもしろくて →砂鉄さんがキレッキレにかっこよく、ニカイのジジイがバカかっこ悪くて~ ついつい夜更かししちゃったぜ)。
義妹が父と母に手料理をふるまうのに便乗したのだった。
瀕死の父ももちろん大変だが、日常すべてを病人にささげる老いた母の姿も娘にはたいそうしんどく映り(実家に帰るたび胸がふさぐ)
息子にとっても同様だったらしい。妻に声をかけ「たまにはおかあさん楽してくださいな」てな目的で誘ってくれたわけだ。
夏休みの小学生は笑っちゃうほど元気はつらつ、クラスメイトの日本語を話せない転校生と遊ぶ約束をとりつけたとか浮かれておった。英語でがんばって誘ったんだって~。あと、お父さんがどれだけ英語が話せるかなども楽しそ~うに。
つい最近、仕事にかこつけて弟が(子の分はもちろん自分もちで)ワイハ出張に姪を連れてったみたいで(思えば彼女、めちゃくちゃ海外いってんだよな。インターナショナル~)そこでいっぱいしゃべってたらしい。お父さんのかっこいいとこみせられるのいいよね~(私がその意味で全国一うらやましいのはクドカンの娘ちゃん)。
オーストラリアだったっけ、家族で出かけたとき確かに弟はめっちゃ便利だったし、そもそも「英語と編集ができるひと」を売りに転職してんだもんな。売りのある人生って…と脳内展開したところで自分がへこむだけ、このへんにしておくが、なにしろ「自慢のお父さん」であるのにこしたこたアない。
この日も多忙な彼は脇でちょいちょい仕事をしていたのだが、画面がことごとく英語で~もうグローバル~(民度の低い感想)。
まあ私はドメスティックでけっこうなんですけど、だからこそ! もう少し日本にはまともになってほしいわけよ。
恥ずかしい。きつい。税金も年金も払いたくない(主権も人権も幸福追求の権利も得られないのになぜ金ばっか)。子ども生むひとえらい! 役に立ちたくない! 簡単にいえば「嫌い」につきる!
「だったら出てけ」てな君主気取り(そんなやつに限ってカースト最低層~お気の毒~)のバカさかげんも同等に憎んでいるため、おいそれと出るつもりはないが、いったいどうしたら。
って帰宅後静かに悶々と。選挙のたびに襲われる無力感。苛立ち。
過半数の存在が解せない。虫けらみたいにこきつかわれアゴで派遣され命の保障もなくなっていいの? 自由になにかを選べる生活ができなくていいの? じゃ、なんのために生きてるの?(私の知る限り投票率100%なんだけど…どこに…)